進路ナビ公式facebook

大学・短大・専門学校の情報を掲載!中学・高校生、大学編入、社会人、日本語留学生のための進路情報サイト

長野県 私立専門学校
信州スポーツ医療福祉専門学校

school

先生・先輩

先輩の声

鍼灸師

  • 百瀬 来唯さん
  • 田川高校卒

高校生の時に、「最近のスポーツトレーナーには鍼灸師の資格を持っていることが必要とされてきている」という話を聞き、そこで初めて鍼灸というものを知り、興味を持ち始めたのがきっかけでした。
今では入学して1年が経ちましたが、自分が素直に思うことは、想像していた以上にはるかに勉強が難しいということです。
やはり職業的に医療系に分類されますので、体の構造であったり仕組みなど細かい基礎知識を1年生のうちに勉強することになります。
この話だけを聞くと「興味はあるけど、そんなに勉強が大変なのに大丈夫かな?」と思う人もいると思います。
実際に自分自身も学校の授業が進み始めた時に、勉強に対する不安はすごくありましが、分からないことがあれば先生方が、丁寧に納得がいくまで教えてくれるので、理解が深まり毎日の授業が楽しいと感じるようになりました。
実技の授業も、最初は鍼を刺すのが怖く、自分にすら上手く刺せない状態でしたが、今ではクラスの人にも刺せるようになって、少しずつですが技術の進歩を実感できるようになりました。
また、クラスの友人や先輩、後輩、先生方みんなが仲が良いので、勉強など大変なことはたくさんありますが、それ以上に楽しく充実した学校生活を送っています。

(掲載年度:2018年度)

柔道整復師を目指そうと思った理由

  • 須田 海哉さん
  • 須坂東高校卒

自分が、柔道整復師を目指そうと思った理由は、中学・高校と活動してきたバスケットボール部でケガをしてしまった時に整骨院の先生に何度かお世話になったことがきっかけです。その整骨院の先生の治療をする姿を観て、自分も将来ケガをした方の力になりたいと思い、自分はこの道に進むことを決めました。
現在、信州医療福祉専門学校で勉強しながら、午前中はその整骨院の先生のもとで研修をさせてもらっています。 勉強しながらの研修は大変ですが、尊敬する整骨院の先生のもとで将来のための技術や治療家としての心構えをしっかり学んでいきたいと思っています。同時に学校の勉強をおろそかにしないようにしていきたいと思います。

(掲載年度:2018年度)

私が介護福祉士を目指そうと思ったのは

  • 湯本 まやさん
  • 北部高校卒

私が介護福祉士を目指そうと思ったのは、中学校の職場体験で老人ホームを訪れた際に、利用者さんの笑顔に出会ったことがきっかけでした。自分も将来介護福祉士として利用者さんの生活を支え、充実した日常生活を送ってもらえるような支援をしたいと思い、信州医療福祉専門学校へ入学することを決めました。
学校生活では、勉強や実習と大変ですが、学ぶことも多く、クラスの仲間と助け合い、日々切磋琢磨しながら楽しい学生生活を送っています。
また、施設での実習は緊張することもあり、大変なこともありますが、実際の現場を直に見ることによって学ぶこともたくさんあるので、とてもいい経験になります。信州医療福祉専門学校で知識や技術を学び、利用者さんから信頼される介護福祉士を目指してこれからも頑張っていきます!

(掲載年度:2018年度)