大学・短大・専門学校の情報を掲載!中学・高校生、大学編入、社会人、日本語留学生のための進路情報サイト

北海道 私立短期大学
札幌大学女子短期大学部

school

先生・先輩

先輩の声

インターンシップの経験は貴重。 社会人として働く姿をイメージできます。

キャリアデザイン学科は職場体験型のインターンシップが充実しています。
私は在学中に銀行と旅館のインターンシップに参加して、自分が社会人として働くイメージを持つことができました。接客業の楽しさ、厳しさも理解した上で就職活動に取り組めたことはとてもよかったと思います。
面接練習やエントリーシートの添削など、きめ細かな就職支援にも助けられました。
また、ビジネスマナーの授業で学んだ電話応対や言葉遣いは、今でも大変役に立っています。窓口業務を中心に担当していますが、うれしいのはお客さまから「ありがとう、助かったよ」などと声をかけていただいたとき。
業務上必要な資格の取得や、日々の目標を達成できたときも、やりがいを感じる瞬間です。

(掲載年度:2019年度)

剣道で念願の全国大会に出場。警察官になる夢も実現できました。

高校生の頃から警察官に憧れていました。小学3年で剣道を始めて以来、警察の方の指導を受けることが多かったからだと思います。
短大でも剣道部に所属し、全国大会を目標に練習していたものの、1年次はレギュラーに選ばれず、とても悔しくて。さらに稽古を重ねて2年次に人生初の全国大会に出場できました。剣道を12年続けてきて、全国の舞台で戦えたのは、私の一生の財産。諦めずに頑張ってきてよかったと思いました。
部活動と並行して公務員試験の勉強も始め、学修支援センターの公務員講座を受けながら自習に励んで警察官の採用試験を受験。無事に警視庁から内定をいただくことができました。
先生や職員の方が支えてくださったおかげだと感謝しています。

(掲載年度:2019年度)

よさこいソーランに打ち込んだ2年間。サークルで視野も人脈も広がりました。

  • 高田 真衣さん
  • キャリアデザイン学科
  • 公益財団法人さっぽろ青少年女性活動協会 2018年度卒業 北海道帯広工業高等学校出身

企業の経営者の話を聞いたり、就活用のスーツをデザインするプロジェクトなど、印象的な体験はいろいろありますが、私が最も打ち込んだのは「よさこい」です。入学式で先輩方の演舞を見て感激し、即サークルに入会。
雪まつりや他大学の学祭、遠方のイベントなど、2年間でさまざまなステージに立ちました。なかでも一番の思い出は、年末のテレビ番組で演歌歌手のバックとして踊ったこと。忘れられない思い出になりました。
卒業後は、札幌市内の児童会館や青少年山の家などを運営する公益財団法人に勤めます。もともと人と関わるのが好きなので、今から楽しみ。児童会館で教えられるよう、子ども向けの体操を練習しているところです。

(掲載年度:2019年度)