大学・短大・専門学校の情報を掲載!中学・高校生、大学編入、社会人、日本語留学生のための進路情報サイト

東京都 私立大学
明星大学

TEL
042-591-5793(アドミッションセンター)
E-mail
nyushi@gad.meisei-u.ac.jp
URL
https://www.meisei-u.ac.jp/
school

先生・先輩

先輩の声

明星大学にはチャレンジできる環境があります!

  • 草野 雅さん
  • 経済学科
  • 福島県私立福島県磐城第一

私が明星大学への進学を決めたきっかけは、高校生の時に実際に明星大学の先輩と話をしたことでした。その方は自分が大学生活で目標にしていたこと、それに向かって努力したこと、その結果得た成果、さらに今後の抱負まで、自信を持ってお話ししていました。私はそれまで、大学生活というものが漠然としていましたが、その姿を見て、私もこのように自分の大学生活でこれだけの経験をして大きく成長できたと言えるような大学生になりたいと感じ受験を決意しました。

実際に入学してからは、緊張しやすい性格を克服することを目標に、オープンキャンパスの学生スタッフとして学部の紹介や学生生活についての発表を行ってきました。もちろん最初から成功していた訳ではなく、あまりの緊張に頭が真っ白になることもありました。しかし、繰り返し練習したり落ち着かせる方法を探したりして徐々に人前に出ることにも慣れ、入学式の司会という大役を務めるまでになりました。勉強面では、経済学だけでなく会計の勉強をしたいと思い、資格取得で単位が認定される学部の講座を利用して日商簿記二級を取得しました。現在は大学の勉強に加えて、地元で働くという道も視野に入れ公務員試験の勉強に力を入れています。

私は、このようないくつものチャンスをいただけたのは偶然ではないと考えています。明星大学には、自らが積極的に目標を叶えようとすれば、アドバイスをくれる先生方や職員の方、そして挑戦の場があります。

みなさんもどんな学生生活を送りたいかを考えてみてください。きっと、より充実した学生生活になると私は考えています。

(掲載年度:2019年度)

『教育の明星大学』で『子どもに寄り添い共に歩むことができる教師』を目指します

  • 嶋屋 憲人さん
  • 社会コース
  • 東京都立三鷹中等教育学校

 私は小学生の頃から高校まで子どもに寄り添い共に歩むことができる教師という仕事にあこがれを持ち続け、進学先はそのあこがれに最も近く教員養成に力を注いでいる大学にしようと考えていました。

 しかし当時の私は部活動の部長を務めており、進学先を探す余裕すらありませんでした。そんな時偶然「教育の明星大学」という文字を目にすることがありました。正直それまでは、明星大学のことをあまり詳しく知りませんでしたが、調べてみると「実践躬行に基づいた様々な授業」、「教育インターンシップ」、「手厚い学生サポート」など魅力的な内容が多く取り上げられており、私はすぐに明星大学へ受験を決意し、入学することができました。

 一年生の春、勉学生活共に充実した大学生活を期待して進学した私を待ち受けていたのは高校とは比べ物にならない授業の多さでした。入学当初は真面目に授業を受けていた私でしたが授業の量のためにいつしかやる気を失い、授業に参加こそしているが椅子に座っているだけの時間を過ごすようになってしまいました。

そんな大学生活の中私が思い出したのは私が大学へ進学した理由でした。「このままではまずい。」そう考えた私は真摯に授業に取り組もうと考えなおしました。発表や模擬授業などに意欲的に取り組み、授業は主体的に学ぶ姿勢を大切にするようになりました。

「志は気の帥なり」と言いますがこの変化は授業のみならず様々な所で私に変化をもたらしてくれました。現在は大学内の事務局での事務体験及び業務補助を行いながら、奨学金給付を受ける「勤労奨学生」を、来年度からは大学の授業補佐を行うStudent Assistant(通称SA)も勤めさせていただきます。学外では地域のボランティア活動なども行うようになりました。

大学の4年間は長いようで非常に短いものです。やらずして後で悔いるのはもったいない。とよく言います。大学生活をより良いものとするため考えを改め何か行動を起こすことが大切なのだと私は考え、今も実感しています。

(掲載年度:2019年度)