大学・短大・専門学校の情報を掲載!中学・高校生、大学編入、社会人、日本語留学生のための進路情報サイト

愛知県 私立短期大学
名古屋柳城短期大学

TEL
052-848-8281(入試広報課)
E-mail
kouhou@ryujo.ac.jp
URL
http://www.ryujo.ac.jp/
school

保育科

子どもたちと共に感じ、一人ひとりに寄り添うことができる保育が柳城の保育です。

学部・学科・コース情報

保育者は、子どもたちの成長の一時期に大きく関わっていく大きな役割と責任を担っています。
本学では保育現場を見据え、保育・子どもの本質を理解し、心、身体、生理的欲求、栄養、言語、病気などの学びを通して保育力を修得していきます。また、ピアノや幼児の体育、図画工作などの実技も身につけていきます。特に多くの保育現場で必要とされるピアノは、卒業後だけではなく、実習も見据えて個人のレベルに応じた練習方法で目標を達成していきます。
授業と実習を関連付けて学びを進め、保育現場での実習から保育を体感し、子どもと向き合う責任、一人ひとりの発達に応じた援助、保育者に課されている現状と課題、保護者への関わりなど教室だけでは得ることができない経験から実践力を身につけていきます。
実習前には、オリエンテーションを実施し、自己課題の設定から日誌、指導案の記入方法などを学び、実習で得た問題点などは、講義やゼミを通して解決を図っていきます。
実習では子どもたちとのふれあいの中から講義で学んだ知識・技術・保育力を実践し、“気づき”と子どもたちからたくさんの“気づかされる”ことに目を向け、自らが保育者として成長していく糧にしていきます。子どもたちと同じ目線で物事を見ることで講義だけでは得ることのできない“気づき”を発見し、保育者として求められる実践力を吸収していきます。実習は、子どもたち一人ひとりを尊重し、それぞれの発達や個性に応じた援助ができる力を身につけ、一人ひとりに共感し、寄り添うことができる保育力・実践力を修得する大切な時間となっています。
卒業後に子どもたちの前に自信を持って立ち「一人ひとりと向き合い、共感し、寄り添う」ことを実践できる力を身につけ、未来に無限の可能性を持つ子どもたちと一緒に成長できる保育者になっていきます。

別学・共学
共学
昼/夜/通信
年限
2年
募集定員
130

卒業後の進路

保育科のみに短期大学であり、すべての学生が保育者になる夢を実現していきます。
就職率・保育職への就職率共に100%(2018/3月卒業生178名)。

名古屋市、一宮市、春日井市、稲沢市、清須市、尾張旭市、東海市、刈谷市、蒲郡市、四日市市、中津川市など各市町の公立保育園・こども園  私立幼稚園、私立保育園、私立こども園
児童養護施設、障がい者施設など

目指せる資格・検定

  • 幼稚園教諭二種免許状
  • 保育士

注目のカリキュラム

充実のピアノ指導&サポート~週1回の習熟度に合わせたマンツーマンレッスン

注目のカリキュラム

子どもたちの心と身体の健やかな成長に欠かせない音楽活動。歌や楽器、音に合わせた表現活動などなど保育現場では日々音楽に溢れています。皆さんも保育者の弾くピアノやオルガンに合わせて楽しく歌ったり踊ったりしたことを覚えているのではないでしょう。柳城では保育者として子どもたちと一緒に楽しく歌うことができるようなピアノ演奏能力を身に付ける授業を展開しています。一人ひとりのレベルに合わせた“オーダーメイド”のマンツーマンのレッスンです。初心者も熟達者も自身の成長する姿(=目標)が感じられるよう授業が工夫されています。

学費

2019年度

入学金

240,000円

卒業までの総学費

2,453,200円

学費について

学費内訳:【1年次】授業料690,000円、教育充実費330,000円、実験・実習費45,000円、合宿研修費15,000円(2018年度実績)、諸保険料2,600円、委託徴収16,000円(後援会入学金、後援会費、学生会費)【2年次】授業料690,000円、教育充実費335,000円、実験・実習費40,000円、合宿研修費15,000円(2018年度実績)、諸保険料2,600円、委託徴収32,000円(後援会費、学生会費、同窓会費)

※「卒業までの総学費」とは、入学金、授業料、施設費など、入学してから卒業するために必要なすべての経費をいいます。