大学・短大・専門学校の情報を掲載!中学・高校生、大学編入、社会人、日本語留学生のための進路情報サイト

熊本県 私立大学
崇城大学

school

機械工学科

日本を支えるものづくりスピリッツ。

学部・学科・コース情報

生活を支える全ての『もの』をつくるには『機械』が必要で、そのための知識や技術を学ぶのが『機械工学科』です。
例えば車の製造には、エンジンの効率を高める燃料噴射や熱の制御、安全を確保しつつ軽量化できる材料の使用、快適な乗り心地のための音や振動の抑制、精度の高い部品加工や組み立てなど多くの知識や技術が必要です。
これら全てを学ぶ機械工学は、授業だけでなく、製図や実験・実習などを通して実践型のエンジニアを養成します。

~学科の特徴~
・機械設計技術を身に付けた就職に強いメカニカル・エンジニアを育成
・レーシングカーからロボットまで幅広い製作実習、豊富な課外活動
・最先端の研究で応用センスを磨き実践力を強化

別学・共学
共学
昼/夜/通信
年限
4年
募集定員
70名

卒業後の進路

~想定される進路~
クラス担任やキャリアアドバイザー、学科主任教授や研究室指導教員など、複数の教員が個別に就職を支援。
卒業生は自動車から航空機、エネルギーまで、あらゆる分野に進出しています。
職種は各種機器の設計技術者、保守管理技術者、制御技術者など。基盤技術の創出に関わるメカニカル・エンジニアは、業種・業界を限定することなく、産業界全般から求められるのも特長です。

目指せる資格・検定

  • 電気工事施工管理技士
  • エネルギー管理士
  • ボイラー技士
  • 建築設備士
  • 建築施工管理技士
  • 管工事施工管理技士
  • ガス溶接技能者
  • 消防設備士
  • 高等学校教諭免許状
  • 機械設計技術者
  • 技術士、技術士補
  • 機械加工「普通旋盤(2・3級)」
  • 計算力学(CAE)技術者

注目のカリキュラム

実学重視の教育/専門科目で学んだ知識をフル活用して設計を体得。

注目のカリキュラム

「ロボット製作」
機械工学科とは何か?を体得してもらうため「ものづくり教育」の一環として、1年生が各チームで1台のランサー(槍騎兵)ロボットを共通のテーマ・目標、ルールのもとに製作します。ロボットの細部はチーム内で自主的に考え、設計・製作・運転を行います。成果はラジコン制御のランサーロボット競技会として、対抗試合により判定します。

「コンピュータ援用設計」
ものづくりにおける設計・開発の現場では、3次元CADで計上データを作成し、そのデータを用いてCAE(設計段階の製品の性能に異常がないか事前検討の手助けをするシステム)により各種解析を行い、製造現場でCAM(CADの図面を基に工作機械のプログラムを作成するシステム)により加工に繋げています。この講義では、現場でも利用されている3次元CADツール、CAEツールを使い、CAD/CAEの基本的考え方・特長を理解し、その操作法を習得します。

学費

2019年度実績

入学金

220,000円

卒業までの総学費

4,780,000円

学費について

初年度納入金 : 1,360,000円(入学金を含む)
2年次以降の年間学納金 : 1,140,000円

~「未来人育成特待生制度(通称 ミライク)」~
本学には、入試の得点率と成績順位に応じて選考される、独自の特待生制度があります。
授業料が年間0円になる「ミライクプレミアム」、授業料が年間50万円になる「ミライク50」。(入学金と実習費等は別途必要です)
特待生選考の対象入試など、詳細は本学ホームページ「入試サイト」をご確認ください。

※「卒業までの総学費」とは、入学金、授業料、施設費など、入学してから卒業するために必要なすべての経費をいいます。