進路ナビ公式facebook

大学・短大・専門学校の情報を掲載!中学・高校生、大学編入、社会人、日本語留学生のための進路情報サイト

兵庫県 私立大学
関西国際大学

TEL
06-6496-4120(入試課(尼崎キャンパス))
E-mail
exam@kuins.ac.jp
URL
https://www.kuins.ac.jp/
school

福祉学専攻

すべての人がその人らしく暮らす社会をめざし、実践的な知識と技術を学ぶ

複雑・多様化する現代では、私たち一人ひとりが支えあう共生社会が求められています。「生きづらさ」を抱える人々に寄り添い、その人らしい暮らしを支えることができる人材を育成することが、本専攻の目標です。社会福祉の専門家をめざす「社会福祉専修コース」と、こどもの福祉について深く学ぶ「福祉・保育コース」があり、将来の進路や興味に応じて選択可能。豊富な経験学習を通じて、実践的な知識と技術を身につけてください。

学びの特色
【経験学習を通し、現代社会で必要とされる福祉を学ぶ】
社会的な支援を必要とする人々は多種多様で、一人ひとりが生きる権利と尊厳を持ち、自身の意志と暮らしを有しています。そうした多様性を理解するため、本専攻では教室外での経験学習を重視。福祉を必要とする人々や、それらの人々を支援する機関や団体へ赴き、現場を知ることで、現代社会に必要とされる福祉のあり方を学びます。

【福祉をマネジメントできる行動力、対応力を養う】
サービスラーニングやインターンシップ等の経験学習では、福祉施設や機関・団体と協働し、具体的な課題に取り組みます。問題解決の方法を考え、具体策を立案、提案、実行し、その成果に対して評価を受けることで、真に実践的な課題解決力、行動力、対応力を養成。福祉をマネジメントできる知識と技術、人間力を身につけます。

【多彩な資格を取得し即戦力としての活躍をめざす】
「社会福祉専修コース」では社会福祉士資格、スクールソーシャルワーカー資格の取得をめざします。「福祉・保育コース」では、それに加えて保育士資格の取得が目標となります。さらに全学で展開しているセーフティマネジメント教育の一貫として、「防災士」の資格取得も可能。付加価値の高い即戦力をめざすことができます。

卒業後の進路

●福祉事務所
●教育委員会(スクールソーシャルワーカー)
●児童自立支援施設
●社会福祉協議会
●保育所
●乳児院
●児童相談所
●社会福祉施設(児童・障がい・高齢者)
●児童養護施設
●児童家庭支援センター
●企業

目指せる資格・検定

  • 保育士
  • 社会福祉士
  • スクール(学校)
  • ソーシャルワーク教育課程
  • 防災士

注目のカリキュラム

授業紹介

【公的扶助論】
生活保護の基本的な仕組みを学び事例研究と議論で理解を深める

世界的に格差が拡大する中、日本でも生活保護受給者が増加しています。授業では、生活保護の基本的な仕組みを理解するとともに、受給者の急増による自治体財政や保護実施体制への影響、望むべき自立支援のあり方などについて考えます。実際の事例を取り上げ、グループで議論を重ねることで、公的扶助の課題などを具体的・多面的に把握し、問題意識を高めていきます。

【スクールソーシャルワーク論】
こどもと親をめぐる問題を解決するソーシャルワークのあり方を考える

家庭や学校、社会で起こる、こどもと親をめぐる様々な問題を解決するソーシャルワークの視点を養います。こどもをとりまく家庭や学校の状況はどうなっているのか。今なぜスクールソーシャルワークが必要なのか。どのような支援方法があるのか。さらに、こどもにかかわる教育・心理・医療など各分野と連携した「チームアプローチ」についても学んでいきます。

【地域福祉論】
地域に暮らす多様な人々の福祉を災害時の支援を通して考える

地域では、高齢者、障がい者、こども、外国人など多様な人々が暮らしています。様々な人々が、同じ地域に暮らす住民として、共により幸せに暮らしていくためにはどうすれば良いのか。一人ひとりが福祉の主役となり、助け合うには何が必要か。「災害時の支援」をキーワードに掲げ、地域社会の安全安心を守るために何をすべきか考えていきます。