大学・短大・専門学校の情報を掲載!中学・高校生、大学編入、社会人、日本語留学生のための進路情報サイト

大阪府 私立大学
大阪産業大学

school

交通機械工学科

自然と調和し、豊かな社会を支える乗り物を研究。

学部・学科・コース情報

「優れた自動車」とはどんな自動車でしょうか?燃費性能が良く排出ガスが少ないエコカーであるだけではなく、速くて格好良くて乗り心地が良くて、運転が楽しくて、故障しなくて事故も起さない、そしてその最後は100%リサイクルできる自動車。これからの自動車が地球の持続可能性に与える影響はとても大きい。未来につなげる自動車について考えましょう。また新幹線などの高速鉄道をはじめ、エネルギー効率に優れ、安全・定時・大量輸送が可能な鉄道などを積極的に取り入れ、社会を豊かにする優れた交通システムをつくることが大切です。交通機械工学科は、大阪鉄道学校を前身とした本学の伝統を汲む、全国でも数少ない「交通機械」に特化した学科です。
機械工学を基本として、自動車工学と鉄道工学を中心に、広く交通機械のメカニズムやシステムを学びます。

■学びのポイント
1.小クラス・実習重視で、実体験を通じて、実践的な知識や技術を身につける。
主な講義は各クラス50人未満の少人数制。実習は1年次から3時限連続でじっくり取り組み、実体験を通じて実践的な知識や技術を習得。それとともに、自ら考えて課題を解決し、新しいモノを生み出す思考力も養っていきます。

2.卒業と同時に二級自動車整備士の受験資格を取得。毎年高い合格率を誇る。
本学科の「自動車工学コース」では、所定単位を修得すれば卒業時に二級自動車整備士の受験資格を得られ、実技試験も免除。毎年、高い合格率を誇り、2013年度はガソリン自動車86名、ディーゼル自動車87名(合格率いずれも93.5%)が資格を取得しました。

3.実験用車両や走行コースをはじめ、施設・設備が充実!
本学には実験用車両のほか、生駒キャンパスには走行コースも完備。人工的に風の流れを発生させる「風洞(ふうどう)実験室」など、実験データの収集から分析まで、幅広い研究を行うための施設や設備が充実しています。

別学・共学
共学
昼/夜/通信
年限
4年
募集定員
105名

卒業後の進路

■目標とする進路
*自動車関連
自動車・自動二輪メーカー、各部品や関連機器メーカーで、企画開発や設計を手がけるエンジニアに。あるいは、自動車・自動二輪の販売会社やサービス企業の整備部門で活躍する整備士に。

*交通システムエンジニア
鉄道・船舶・航空業界の各企業で、新しい交通システムや各機器を開発するエンジニアに。あるいはマネジメント部門や整備部門での活躍も可能です。

*鉄道関連
鉄道会社の運行や管理者をめざしたり、鉄道車両の設計や製造に携われるような人材を育成します。

目指せる資格・検定

  • CAD利用技術者試験
  • カラーコーディネーター検定試験
  • 高等学校教諭免許状
  • 社会福祉主事任用資格
  • 一級自動車整備士
  • 二級自動車整備士
  • 中古自動車査定士技能検定
  • 技術士、技術士補
  • 社会保険労務士
  • 自動車整備管理者
  • 旅客自動車運送事業の運行管理者
  • 貨物自動車運送事業の運行管理者
  • 鉄道車両製造・整備技能士
  • 内燃機械組み立て技能士

注目のカリキュラム

1年次から3つのコースに分かれて学習

注目のカリキュラム

○自動車工学コース
学びの対象を自動車に特化。卒業と同時に二級自動車整備士の受験資格が得られます。

○交通機械コース
自動車、鉄道、航空、船舶など乗り物全般の構造や原理を学び、安全や環境の保全に貢献できるエンジニアに!

○鉄道工学コース
鉄道工学を基礎から学び、フィールドワークで実践。目標は鉄道の運行や管理業務、車両の設計や製造の仕事!