大学・短大・専門学校の情報を掲載!中学・高校生、大学編入、社会人、日本語留学生のための進路情報サイト

三重県 私立大学
鈴鹿大学

TEL
0120-919-593(入試広報キャリア課)
E-mail
nyushi@suzuka.ac.jp
URL
https://www.suzuka.ac.jp/
school

アジアコース

グローバル コミュニケーション領域 アジアコース 学びの特長

学部・学科・コース情報

次代社会が求めるグローバル人材にふさわしい語学力とコミュニケーション力を磨きます
 世界共通言語の英語、世界最大の第一言語話者数を誇る中国語、世界で学習者が急増している韓国語。グローバルコミュニケーション領域では、これらの言語で自分の考えや情報を的確に相手に伝え、折衝し、交渉できる外国語運用力と、異なる価値観を越えて意思の疎通を図るコミュニケーション力を身につけます。

語学だけじゃない!世界各国・地域の社会・政治・経済・歴史も包括的に学びます
 グローバルコミュニケーション領域で学ぶのは言語だけではありません。その国・地域の社会や政治、経済、歴史、文化(芸術、宗教、文学、映画など)について総合的・包括的に学ぶことで、世界をより多面的に理解できるようになります。グローバル人材となるべく、世界情勢やさまざまな国・地域に関する知識と教養を深めます。

海外での学びの機会を活用して視野と知識を広げ、実践的なコミュニケーション力を高めます
 学びのフィールドは学内だけではありません。十分に意思の疎通ができるだけの語学力を身につけたら、ぜひ海外留学・研修に参加してみましょう。自分の興味・関心や将来のキャリアプランに応じて、プログラムを選択することができます。海外に飛び出して視野と知識を広げ、実践的なコミュニケーション力を高めませんか。

全国でも珍しいユニークな授業を通じて興味・関心ある学びが追究できます
 グローバルコミュニケーション領域では、全国でも珍しいユニークな科目を設置。英米コースでは、3年次から英語圏の音
楽、美術を“英語で”学ぶ「CLI LⅠ*・Ⅱ* 」がスタート。また「地域研究・アジア」では、アジア地域の歴史や文化を学習し、アジア地域が世界に及ぼず影響力の大きさを理解します。

韓国・仁川大学校で韓国の言語と文化にどっぷり浸る
 本学と交換留学協定を結んでいる韓国・仁川大学校とは相互に2名ずつ、1年間の交換留学生を派遣し合う制度があります。本学に在学扱いのまま留学し、4年間で卒業も可能。仁川大学校には世界各国から多くの留学生が集まり、韓国人だけではなく多様な留学生との交流も魅力です。

別学・共学
共学
昼/夜/通信
年限
4年

卒業後の進路

● 海外営業/海外購買/貿易業務/輸出入業務/国際物流業務/グローバル法務/グローバル調査 
● ライター/ディレクター/通訳・翻訳/ローカライズ業務/ヘルプデスク
● ツアーコンダクター 
● 通訳ガイド 
● ホテル・旅館スタッフ

注目のカリキュラム

地域研究・アジア、中国語Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ、韓国語Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ、異文化コミュニケーション

注目のカリキュラム

アジア地域のダイナミズムを歴史と文化の視点から分析します
 広大な土地と膨大な人口を擁するアジアは政治経済から文化にいたるまで、世界に多大な影響を与えています。日本の隣国中国は近年大国化しています。隣国日本が中国について、どのように交際すればよいのか。歴史を遡りながら、できる限りベストな解答を探ります。

基礎から始めて中級レベルの語学力を身につけます
 中国語・韓国語の4技能(読む・書く・聴く・話す)について、1年次の「Ⅰ・Ⅱ」では初級レベルを、2年次の「Ⅲ*・Ⅳ*」では中級レベルを学びます。基礎から少しずつ難易度を上げていき、2年間の学びで長い文章の読み書きと日常レベルの会話ができる語学力の定着をめざします。

価値観の違いをコミュニケーションの力で乗り越えます
 異文化コミュニケーションで重要なのは、「理解できないこと」から距離を置くのではなく、むしろ摩擦や衝突を恐れず「わからなさ」にとことんつき合い、相手と信頼関係を築くこと。留学生と一緒に学ぶ環境のなかで文化の違いやコミュニケーションの難しさ・楽しさを実際に感じることができます。

学費

2023年度予定

入学金

250,000円

卒業までの総学費

3,909,660円

学費について

国の修学支援新制度(授業料等減免)
令和2年4月から実施された、経済的な理由で学び続けることをあきらめずにすむよう、授業料等減免 と 給概要 付型奨学金 により、進学を支援する新制度です。
支援区分は、最新の所得証明書(課税証明書)により算出し、10月~翌年9月までを1年として、半期ごとに支給されます。
※2023年前期授業料の減免額は、2021年1月~12月までの所得により決定されます。

■ 授業料等減免に関する鈴鹿大学・鈴鹿大学短期大学部独自の対応
鈴鹿大学・鈴鹿大学短期大学部では、高等学校等で予約し、採用が決定した方に対して、『令和5年度大学等奨学生採用候補者決定通知』を添付のうえ申請することで、入学時納入いただく「 入学金」 と「 前期授業料」を、減免後の金額に変更して納めていただくことができます。
※非課税世帯の方も同様の申請ができます。 詳しくはお問い合わせください。
〈 国の修学支援新制度の支援区分は右記を読み込み、シミュレーションをすることで確認できます 〉

新入生奨学金制度 給付
■ 総合型選抜・学校推薦型選抜奨学金(鈴鹿大学・鈴鹿大学短期大学部共通)
総合型選抜または学校推薦型選抜の合格者で、評定平均値3.5以上を有し、入学後実施される奨学生試験において優秀な成績を収めた者に奨学金を給付するものです。
以下の要件をすべて満たす者
1. 総合型選抜(自己PR方式)または学校推薦型選抜(指定校方式/公募方式)の合格者で、
  入学後に実施される奨学生試験の成績が優秀な者
2. 評定平均値3.5以上の者
 各学部1~2名※ ※ただし、受験状況により採用を見送る場合があります。

※「卒業までの総学費」とは、入学金、授業料、施設費など、入学してから卒業するために必要なすべての経費をいいます。
スマートフォン版はこちら