神奈川歯科大学の「歯学部」詳細

共学6年制 [昼]定員110名

歯学部

歯学部の学び

学部・学科・コース情報

歯学部歯学科

「知識・技能・態度と優しい心を兼ね備えた、社会に貢献する歯科医師をめざす」

本学のカリキュラムは、5学期制を採用しているため少ない科目を集中的に学修し、無理なく着実に履修できるよう工夫されています。単に受動的に知識を修得するのではなく、参加型の学習や実習を大幅に取り入れています。さらに、すべての講義は録画されているので、復習はもちろんのこと、予習にも自由に誰でも活用することができます。
また、各学年には担任の教員が4~5名ほど配置されており、学習面と生活面からダブルサポートをしています。学生一人ひとりの持つ能力を最大限に引き出し、それを伸ばし、社会に貢献する歯科医師養成をめざして教職員一丸となって学生を支援していく体制をとっています。


注目のカリキュラム

初年次教育を重視

注目のカリキュラム

新入生が入学すると、フレッシュマンキャンプで大学生活をスタートします。1年生が全員で参加するこのフレッシュマンキャンプは、海外からの留学生をはじめ、全国から集まった新入生同志が親睦を深める絶好の機会となり、一泊二日で行われます。
 本学の初年次教育は歯学部6年間の講義・実習に適応できる学習力を身につけることを目的としています。講義を受ける際のノート・テイキングの方法をはじめ、配布資料の活用の仕方、基本的なコミュニケーション能力の開発やグループ学習であるPBL(問題基盤型学習)を中心に問題の解決法を学びます。学習するシナリオを臨床的な問題にすることで、一年生の段階で歯科医師として直面する臨床的問題の解決法をまとめます。さらにその成果を一年生全員の前で発表することで、プレゼンテーションの方法も学びます。

めざせる資格・検定

  • 歯科医師

卒業後の進路

歯科医師法により、歯科医師国家試験合格後に1年以上の臨床研修が義務付けられています。学生(6年次6月ごろ)は自分で研修先を「歯科医師臨床研修マッチング協議会」に申請し、全国の研修受入機関からの申請を協議会がマッチングさせて研修先を決定します。隣接する神奈川歯科大学附属病院、および横浜研修センター(横浜駅西口より徒歩2分)においても特色ある研修プログラムを用意しています。
臨床研修を終えると、ほとんどの人が勤務医となりますが、大学附属病院に勤務して高度先進医療に携わる専門の診療科の技術や知識を追求する人や、大学院へ進学して教育者に就いたり、研究職に就く人もいます。歯科医師は、夜勤などもなく女性にも働きやすい環境であるため、男性ばかりでなく、たくさんの女性が活躍しています。

学費

2020年度実績

  • 入学金

    600,000円

  • 卒業までの総学費

    27,000,000円

  • 学費について

    奨学金・特待生制度をご覧ください。
    また、その他の奨学金については、下記までお問い合わせください。
    教学部 046-822-8805

※「卒業までの総学費」とは、入学金、授業料、施設費など、入学してから卒業するために必要なすべての経費をいいます。

神奈川歯科大学の学部・学科・コース一覧

神奈川歯科大学の関連コンテンツ

関連キーワードを選択して学校をさがす

学校の種類

エリア・都道府県

学びたい分野

おまかせ資料請求で
無料プレゼント

おまかせ資料 無料プレゼント おまかせ資料 無料プレゼント

「どの学校を選べばいいかわからない…」「行きたい学校が決まらない…」そんな学校選びに迷っている高校生へ
「興味のある分野」「通学希望エリア」をえらぶだけで、進路アドバイザーがおすすめする学校の資料をお届けします(無料)!

「かんたん3STEP」で完結!

  1. 学校の種類と気になる分野・系統を選択
  2. 通学希望エリアを選択
  3. 送付先を入力

学生さんを応援し隊!

今なら人気のガイドブックを
無料プレゼント中!

資料請求する