大学・短大・専門学校の情報を掲載!中学・高校生、大学編入、社会人、日本語留学生のための進路情報サイト

栃木県 私立大学
文星芸術大学

school

マンガ専攻

大学でマンガを学ぶ…

学部・学科・コース情報

マンガは誰にでも描ける手軽な表現形式ですが、優れた作品を描こうとすれば、必要となる技法や知識は膨大です。また、今日ではデジタル技術の進歩により、新しい形のマンガ表現も次々に開拓されています。大学でマンガを学ぶ大きな利点は、技法や知識を効率よく学び、マンガの最前線に触れつつ、学友たちと切磋琢磨しながら力を高めていけること。学生たちが、新しさへの強い好奇心と表現への強い欲求を持ち、各々の方向で唯一無二の存在になってくれるよう、マンガ専攻は指導していきます。

●わかりやすさ、伝える力…
多彩なコマ割りや豊富な感情表現を特徴とする現代のマンガは、日本で育った表現形式。「マンガ」は今や国際語として、世界中に広がり、愛されています。マンガ表現の最大の武器は、「伝える力」の大きさです。内容をわかりやすく伝える、という意味でもありますが、その力が最大限に発揮されるのは、なんといっても、人物の感情を表現するとき。マンガを読んでいて、登場人物(キャラクター)の心の中が、まるで自分の気持ちであるかのように、強烈に伝わってきた、という経験をお持ちの方も多いでしょう。マンガが世界中に広まったのも、この「心を伝える力」ゆえだといえるかもしれません。

●まだまだ広がる活躍の場…
マンガを取り巻く環境は、日々変化しています。今や、同人誌やインターネット等、商業マンガ誌以外の場からも名作マンガが生まれるようになりました。また、専門技術や知識の解説にもマンガの表現方法が取り入れられるなど、マンガはそのわかりやすさを武器に、あらゆる場で、伝える手段として活用され始めています。マンガ表現を生活の糧にできる分野は、今、かつてないほど広がっているといえるでしょう。一方、「作家」という本来的な意味での「マンガ家」にも、海外で高い評価を得る人が増え、新たな可能性が拓けてきました。海を渡り、外国で活躍する日本人マンガ家が珍しくなくなる日も、そう遠くはないかもしれません。

別学・共学
共学
昼/夜/通信
年限
4年

卒業後の進路

石沢庸介アシスタント/花村えい子アシスタント/久保みつろうアシスタント/コミックブレイド(マックガーデン)/週間少年ジャンプ(集英社)/YOU(集英社)/コミックハイ!(双葉社)/モーニング(講談社)/BE LOVE(講談社)/ヤングマガジン(講談社)/月間マガジン(講談社)/なかよし(講談社)/なかよしラブリー(講談社)/サンデー超(小学館)/クラブサンデー(小学館)/CIEL ToresTores(角川書店)/ガンガンJOKER(スクエア・エニックス)/メディア芸術祭/ドリームトライブ/ほか

目指せる資格・検定

  • DTPエキスパート
  • Illustratorクリエイター能力認定試験
  • Photoshopクリエイター能力認定試験
  • POP広告クリエイター技能審査試験
  • Webクリエイター能力認定試験
  • 色彩検定
  • カラーコーディネーター検定試験
  • 中学校教諭免許状
  • 高等学校教諭免許状
  • 学芸員

2019年度以降の教職課程は再課程認定申請中。文部科学省の審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。

注目のカリキュラム

カリキュラム

注目のカリキュラム

マンガ専攻で学べる内容
[マンガ・デジタルマンガ・キャラクタ-マンガ・マンガイラスト]

ちばてつや教授を中心とした講師陣が、徹底した個別指導で一人ひとりの作品世界の創造をサポート。

1年次には共通基礎カリキュラムで他の美術分野に触れながら知識や教養を身につけるとともに、
画力、ストーリー構成力などマンガ制作の基礎力を養います。

2年次の専門基礎教育では「マンガ」と「キャラクターイラスト」の課題を選択でき、志望する分野の基礎を固めます。

3・4年では、「マンガ」「デジタルマンガ」「キャラクター」「マンガイラスト」の志望分野に合わせてゼミを
選び、担当教員とマンツーマンで作品を仕上げていきます。4年間の全ての課題、全ての作品が講評され、学生間でもお互いに評価し合う刺激的なプログラム。マンガ界のデジタル化傾向を踏まえて最新の作画ソフトの揃ったデジタル設備環境も整い、PCでの作画スキルも身につけられます。在学中のプロ漫画家デビューを目標に、マンガ業界で活躍できる人材、さらにマンガやキャラクターを使って広く社会で活躍できる人材を育成します。

学費

2018年度

入学金

300,000円

卒業までの総学費

5,737,260円

学費について

初年度の授業料等の納付金

前期
入学金 300,000円
授業料 420,000円
施設設備費 125,000円
教育充実費 75,000円
実験実習費 50,000円
合計 970,000円

後期
授業料 420,000円
施設設備費 125,000円
教育充実費 75,000円
実験実習費 50,000円
合計 670,000円

その他の納付金(入学時のみ)
項目 納付金(4年間分)
学生教育研究災害傷害保険料 4,660円
健康診断(血液検査) 4,600円
学友会費 12,000円
父母の会費 40,000円
新入生合宿研修費 15,000円
学生証発行料 1,000円
合計 77,260 円

2年次以降(2年次~4年次)の授業料等納付金
前期
授業料 420,000円
施設設備費 125,000円
教育充実費 75,000円
実験実習費 50,000円
合計 670,000円

後期
授業料 420,000円
施設設備費 125,000円
教育充実費 75,000円
実験実習費 50,000円
合計 670,000円
-------------------------------------------------------------------------------------
□特待制度
一般Ⅰ期試験を受験した受験生全員。
試験結果に基づいて成績上位者に対し10名を上限とし授業料を1年間(年間の授業料84万円)免除する。

□特待制度(学業成績優秀者)
入学後、各学年(2~4年)の成績優秀者を対象に年間の授業料の半額(半期の授業料42万円)免除する。

□東日本大震災被害に遭われた入学予定者支援措置
「災害救助法」適用地域に経済的負担者が在住し、A~Eいずれかに該当する者に、
1年間~2年間納付金全額、入学金含む前期納付金、前期授業料等の免除を設置。
A:主たる経済的負担者の行方不明(死亡を含む)
B:生活の場である家屋の全壊
C:避難区域指定による避難生活
D:生活の場である家屋の半壊
E:主たる経済的負担者の大幅な収入減#※証明する書類が必要

※「卒業までの総学費」とは、入学金、授業料、施設費など、入学してから卒業するために必要なすべての経費をいいます。