大学・短大・専門学校の情報を掲載!中学・高校生、大学編入、社会人、日本語留学生のための進路情報サイト

栃木県 私立大学
文星芸術大学

school

立体

立体

学部・学科・コース情報

立体を学ぶことは、視覚的表現に留まらずに実際にその素材に触れて作品を形作っていく過程を身体すべての感覚を用いて作り上げていくことです。出来上がった作品は実在するモノとなり、いろいろな角度から眺めたり、撫でたり、たまには叩いてみたりと触れることができるのも立体作品の魅力といえます。素材の特性を理解しその表現に適した素材を選ぶのも作品を制作する上で重要な要素です。「素材」が「作品」に「イメージ」が「現実」に変化していくワクワク感を一緒に共感できる授業を進めて行きたいと考えています。

昼/夜/通信
年限
4年

卒業後の進路

宇都宮美術館/水戸芸術館/栃木県立こども総合科学館/栃木県立博物館/那須オルゴール美術館/佐野市立吉澤記念美術館/益子陶芸美術館/那須ステンドグラス美術館/小杉放菴記念・日光美術館/足利市草雲美術館/足利市立美術館/笠間日動美術館/(株)シーボン/(株)サザビーリーグ/(株)フランドル/(株)MARINAインターナショナル/エコロインターナショナル/(株)ポイント/イトキン(株)/(株)アイドル/(株)三貴/栃木フジカラー(株)/(株)東武百貨店/(株)まんだらけ/(株)三枡屋/宇都宮グランドホテル/ホテルサンバレー那須/(株)ヨドバシカメラ/(株)コジマ/(株)マイカル/(株)ホンダ産業/トステムビバ株式会社/(株)山新/栃木日産自動車販売(株)/(株)中央コンタクト/(株)ブルーグラス/(株)カーメルウォンツ/(株)ジャパンエステ美容研究所/(株)ラ・エスト/(株)バイオニックス/フタバ食品(株)/(株)とりせん/(株)たいらや/明恵産業(株)/(株)グランディハウス/(株)アイライン/(株)ビクトリア/(株)ジョイパック/マルハン(株)/(株)遊楽/(株)ジャパンニューアルファ/(株)早乙女総合プロダクト/栃木県立大田原女子高等学校/千葉県立柏高等学校/宇都宮文星女子高等学校/十日町市役所/上野通子事務所/西吉井地区学童保育クラブ/社会福祉法人あいあい会/ほか

目指せる資格・検定

  • 中学校教諭免許状
  • 高等学校教諭免許状
  • 学芸員

2019年度以降の教職課程は再課程認定申請中。文部科学省の審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。

注目のカリキュラム

実材体験

注目のカリキュラム

金属の加工技術を身に付けて、溶接免許を取得することもできます。その他にも木や石などさまざまな素材を体験し、表現に結びつけていく授業です。
素材を組み合わせて作品を作る「複合素材」の授業で学んだことを活かし、大型の作品にチャレンジしています。新しい素材もどんどん取り入れて、新しい表現を追求しています。

学費

2018年度

入学金

300,000円

卒業までの総学費

5,737,260円

学費について

初年度の授業料等の納付金

前期
入学金 300,000円
授業料 420,000円
施設設備費 125,000円
教育充実費 75,000円
実験実習費 50,000円
合計 970,000円

後期
授業料 420,000円
施設設備費 125,000円
教育充実費 75,000円
実験実習費 50,000円
合計 670,000円

その他の納付金(入学時のみ)
項目 納付金(4年間分)
学生教育研究災害傷害保険料 4,660円
健康診断(血液検査) 2,160円
所年次教育20,000円
学友会費 12,000円
父母の会費 40,000円
学生証発行料 1,000円
合計 79,820 円

2年次以降(2年次~4年次)の授業料等納付金
前期
授業料 420,000円
施設設備費 125,000円
教育充実費 75,000円
実験実習費 50,000円
合計 670,000円

後期
授業料 420,000円
施設設備費 125,000円
教育充実費 75,000円
実験実習費 50,000円
合計 670,000円
-------------------------------------------------------------------------------------
□特待制度
一般Ⅰ期試験を受験した受験生全員。
試験結果に基づいて成績上位者に対し10名を上限とし授業料を1年間(年間の授業料84万円)免除する。

□特待制度(学業成績優秀者)
入学後、各学年(2~4年)の成績優秀者を対象に年間の授業料の半額(半期の授業料42万円)免除する。

□東日本大震災被害に遭われた入学予定者支援措置
「災害救助法」適用地域に経済的負担者が在住し、A~Eいずれかに該当する者に、
1年間~2年間納付金全額、入学金含む前期納付金、前期授業料等の免除を設置。
A:主たる経済的負担者の行方不明(死亡を含む)
B:生活の場である家屋の全壊
C:避難区域指定による避難生活
D:生活の場である家屋の半壊
E:主たる経済的負担者の大幅な収入減#※証明する書類が必要

※「卒業までの総学費」とは、入学金、授業料、施設費など、入学してから卒業するために必要なすべての経費をいいます。