進路コラム 共に見守る関係性づくりのために 筆者:羽根田 ひとみ

進路コラム

共に見守る関係性づくりのために 筆者:羽根田 ひとみ
羽根田 ひとみ 2018年10月10日(水)

お盆休みが終わって、数日後、一人暮らしの息子のところに行った。元気がない様子だったので、いろいろと話を聞いてやろうと思ったからだ。

私の仕事の都合で、朝早いからと無理矢理泊めてもらった。そして、彼の会社にも顔を出して、1、2分のあいさつをした。
 
 
 
わざわざそうしたのには三つの理由があった。

第一は、
最近、私の友人が社員に言われてショックを受けていた話。

10ヶ月勤めた社員から辞めたいという申し出があり、その際、「『親もそんな会社辞めちゃえ』と言っているのでとにかく辞めます」と言われた。

友人はとても悲しんでいた。もう少しご両親に、理解と協力をしてもらえる関係が築ければよかった。
 
 
 
第二は、
その逆で、弊社に勤務していた社員の親から、「親バカ承知でお願いがあります。我が子が心配で連絡いたしました」と電話を受けたこと。

すぐに関係社員がその子(社員)とコミュニケーションを密に取り、その社員は長く勤めることができた。
 
 
 
第三は、
7月に息子の会社主催で、父母を招待した食事会があったこと。

役員をはじめ多くの方々にあいさつできていたことから、実家の桃を持って行ったことがあり、顔を出しやすかった。

「母ちゃん、会社にまた行ったべ、部長から電話あったぞ」笑われたが、その声に張りがあったので行ってよかったと思った。
 
 
 
学校や会社の悪いことを子供たちは自分の都合だけで言う。

もちろんいろんな出来事があり、一概に言えない部分は多い。

ただ、コミュニケーションをとり信頼関係を築き、一方的だけでなく相互理解と協力を持って、これからの若い人材を見守らなくてはならないと思った。

そして、親からも相談しやすい環境づくりのために、今回の経験を活かして細やかではあるが、例年実施している「芋煮会」に社員の親、家族を招待することにした。

著者プロフィール

羽根田 ひとみ (はねだ・ひとみ)
福島県出身。高校時代、水泳・個人メドレーで福島県記録を樹立し、日本体育大学に進学。ライセンスアカデミー入社当初は茨城県担当を担当。 平成10年6月、故郷・福島に拠点を移し、同県を始めとする東北各県を担当し現在に至る。3人の子どもを育てつつ、さらにPTA活動を通じて家庭・地域教育にも力を注いでいる。

「進路ナビ」では、進路情報研究センターからの各種最新データや講師によるコラムを配信しております。ぜひ日々の進路指導に、ご活用いただけますと幸いです。

記事一覧

>> すべての記事を見る
  • 講演講師ナビ
  • 進路コラム
  • 書いて考えるシリーズのご案内
  • 進路ナビゲーションのご案内
  • 就職懇談会のご案内
  • 進路アドバイザー検定
  • キャンパスアクター