奨学金の借り方・返し方 - 奨学金の基礎知識

自力進学のススメ 進学支援・学費サポートガイド

学費調達のモデルパターン 奨学金の借り方・返し方

ケース1: 私立大学に進学した場合〈文系・4年制〉

卒業までに必要となるお金

卒業までに必要となるお金、約424万円を以下の条件から算出。

  1. 入学時 約74万円(入学金 + 1年次前期授業料 + α)
  2. 卒業時までの学納金 約350万円(各年次の前・後期授業料 + α)
借りる

1年次に必要なお金を「国の教育ローン」でまかない、2年次以降に必要な学納金は「日本学生支援機構」を利用。1年目の予算に余裕があるため、使わずに返還時に役立てましょう。

  • 国の教育ローンより150万円(在学中は元金据置、卒業後は元利均等での返済)
  • 日本学生支援機構より288万円(第二種・有利子、毎月8万円×36ヵ月)

このモデルケースの返済パターンは、下図のようになります。

返済パターン
返済パターン ケース1:私立大学に進学した場合〈文系・4年制〉

ケース2: 私立大学に進学した場合〈理系・4年制〉

卒業までに必要となるお金

卒業までに必要となるお金、約585万円を以下の条件から算出。

  1. 入学時 約95万円(入学金 + 1年次前期授業料 + α)
  2. 卒業時までの学納金 約490万円(各年次の前・後期授業料 + α)
借りる

入学手続き時に必要なお金を「国の教育ローン」でまかない、2年次以降を想定した学納金は「日本学生支援機構」を利用。

  • 国の教育ローンより140万円(在学中は元金据置、卒業後は元利均等での返済)
  • 日本学生支援機構より450万円(第二種・有利子、毎月10万円×45ヵ月)

このモデルケースの返済パターンは、下図のようになります。

返済パターン
返済パターン ケース2:私立大学に進学した場合〈理系・4年制〉

ケース3: 国立大学に進学した場合〈文系・理系・4年制〉

卒業までに必要となるお金

卒業までに必要となるお金、約245万円を以下の条件から算出。

  1. 入学時 約55万円(入学金 + 1年次前期授業料 + α)
  2. 卒業時までの学納金 約190万円(各年次の前・後期授業料 + α)
借りる

1年次に必要なお金を「国の教育ローン」でまかない、2年次以降に必要な学納金は「日本学生支援機構」を利用。

  • 国の教育ローンより60万円(在学中は元金据置、卒業後は元利均等での返済)
  • 日本学生支援機構より180万円(第二種・有利子、毎月5万円×36ヵ月)

このモデルケースの返済パターンは、下図のようになります。

返済パターン
返済パターン ケース3:国立大学に進学した場合〈文系・理系4年制〉

ケース4: 私立短期大学に進学した場合〈人文系・2年制〉

卒業までに必要となるお金

卒業までに必要となるお金、約218万円を以下の条件から算出。

  1. 入学時 約73万円(入学金 + 1年次前期授業料 + α)
  2. 卒業時までの学納金 約145万円(各年次の前・後期授業料 + α)
借りる

入学時に必要なお金を「国の教育ローン」でまかない、1年次後期以降に必要な学納金は「日本学生支援機構」を利用。

  • 国の教育ローンより80万円(在学中は元金据置、卒業後は元利均等での返済)
  • 日本学生支援機構より144万円(第二種・有利子、毎月8万円×18ヵ月)

このモデルケースの返済パターンは、下図のようになります。

返済パターン
返済パターン ケース4:私立短期大学(短大)に進学した場合〈人文系・2年制〉

ケース5:専門学校に進学した場合〈私立・2年制〉

卒業までに必要となるお金

卒業までに必要となるお金、234万円を以下の条件から算出。

  1. 入学時 約72万円(入学金 + 1年次前期授業料 + α)
  2. 卒業までの学納金 約162万円(各年次の前・後期授業料 + α)
借りる

入学時に必要なお金は「国の教育ローン」でまかない、入学後に必要な学納金は「日本学生支援機構」を利用。

  • 国の教育ローンより90万円(在籍中は元金据置、卒業後は元利均等での返済)
  • 日本学生支援機構より144万円(第一種・無利子、毎月6万円×24ヵ月)

このモデルケースの返済パターンは、下図のようになります。

返済パターン
返済パターン ケース5:専門学校に進学した場合〈私立・2年制〉