進路相談:弁護士になるのに、どのような進路があるのでしょうか。

みんなの進路相談

相談内容

弁護士になるのに、どのような進路があるのでしょうか。

進路アドバイザー検定合格認定スタッフからの回答

 何はともあれ、まずは司法試験に合格しなければなりません。

 司法試験の受験資格は、法科大学院課程の修了、もしくは司法試験予備試験の合格となっており、高校卒業後、大学の法学部に進むのが一般的な進路となります。

 司法試験に合格し、司法修習を終えた後、地域の弁護士会に入り、日本弁護士連合会に登録することで業務に就けますが、経験が浅い内は別の弁護士の事務所に所属し、研修と経験を重ね、その後に独立するのが一般的です。

 ただ、司法制度改革の影響により、2015年現在、弁護士は人余りの状態にあり、弁護士事務所への就職もままならず、司法修習修了後、すぐに独立する「即独」という過酷な道を選ばずを得ない新米弁護士も増えているそうです。

 このような状況も踏まえて、進路を決定していくことをおすすめします。

2015年10月 更新

答えは見つかった? なら次のステップにGO!

カテゴリタグ

他にも悩みがある? なら…

進路アドバイザー認定スタッフに相談する

相談を検索

分野職業別の相談

経済・公務員・語学・教育など

情報・機械・建築など

動物・植物・バイオなど

医療・福祉・幼児教育など

音楽・美術・デザインなど

栄養・調理・服飾・スポーツなど

理容・美容・メイクなど

人文科学<文学・語学・哲学・心理学等>

社会科学<法・経済・商・社会・福祉学等>

教養・総合科学

理学

工学

農学

医療・保健

教育

体育

芸術

家政

イベント・AO入試

奨学金・入学金

フリーター問題

その他