進路相談:中学校・高校の教師になるのは、小学校の場合とどう違いますか。

みんなの進路相談

相談内容

中学校・高校の教師になるのは、小学校の場合とどう違いますか。

進路アドバイザー検定合格認定スタッフからの回答

 小学校教諭は原則として全ての教科の授業を受け持ちますが、中学・高校教諭は専門とする教科の授業のみを受け持つことになります。

 そのため、教員免許を取得できる学部が教育学部に偏っている小学校教諭と異なり、中学・高校の教員免許は、さまざまな学部・学科で取得することができます。ただし、取得できる教員免許の教科は、在籍する学部・学科の専攻に関連するものに限られます(文学部であれば国語、理学部であれば数学など)。

 採用方法は小学校と同様で、公立の場合は教員採用試験に合格し、待機リストに載り、欠員を待って採用となります。私立も同様に各校ごとの採用になります。近年、企業経験者やいろいろな社会経験者を迎え入れる事例も増えてきています。

2015年7月 更新

答えは見つかった? なら次のステップにGO!

カテゴリタグ

他にも悩みがある? なら…

進路アドバイザー認定スタッフに相談する

相談を検索

分野職業別の相談

経済・公務員・語学・教育など

情報・機械・建築など

動物・植物・バイオなど

医療・福祉・幼児教育など

音楽・美術・デザインなど

栄養・調理・服飾・スポーツなど

理容・美容・メイクなど

人文科学<文学・語学・哲学・心理学等>

社会科学<法・経済・商・社会・福祉学等>

教養・総合科学

理学

工学

農学

医療・保健

教育

体育

芸術

家政

イベント・AO入試

奨学金・入学金

フリーター問題

その他