進路相談:歯科衛生士と歯科技工士の違いは?

みんなの進路相談

相談内容

歯科衛生士と歯科技工士の違いは?

歯科衛生士と歯科技工士はどう違いますか。

進路アドバイザー検定合格認定スタッフからの回答

 歯科衛生士は歯科医師の診療を「サポートをする仕事」であり、対して歯科技工士は矯正装置などを「作る仕事」です。



 具体的には、歯科衛生士は、予診、器具の消毒、治療に使用する材料の準備や後片付け、治療中の患者の口腔内の清掃や薬物の塗布、器具の受け渡しなどを行います。その他、歯科保健指導も行います。

 歯科衛生士は患者と応対する仕事のため、安心感を与えられる気配りも求められます。



 歯科技工士は、義歯やつぎ歯、つめ物、矯正装置を作ったり、それらを修理・加工する仕事です。

 最近は美容の面から歯を治療・矯正する人も増えており、歯科医学だけでなく、よりレベルの高い技術や美的感覚も必要とされています。

2015年1月 更新

答えは見つかった? なら次のステップにGO!

他にも悩みがある? なら…

進路アドバイザー認定スタッフに相談する

相談を検索

分野職業別の相談

経済・公務員・語学・教育など

情報・機械・建築など

動物・植物・バイオなど

医療・福祉・幼児教育など

音楽・美術・デザインなど

栄養・調理・服飾・スポーツなど

理容・美容・メイクなど

人文科学<文学・語学・哲学・心理学等>

社会科学<法・経済・商・社会・福祉学等>

教養・総合科学

理学

工学

農学

医療・保健

教育

体育

芸術

家政

イベント・AO入試

奨学金・入学金

フリーター問題

その他