パイロット(航空操縦士)−職業から進路や進学先を考えよう

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

職業から進路や進学先を考えよう!

パイロット(航空操縦士) 要 資 格

訓練と研修の積み重ねで就くことができる難関職種

飛行機やヘリコプターを操縦し、乗客や貨物を運ぶ。安全が何より優先される仕事であるため、飛行技術はもちろん冷静な判断力が要求される。心身の健康状態も管理しなければならない。セスナなどの事業用航空機を仕事で操縦するには、養成機関で学び事業用操縦士の資格を取得する。国内線・国際線のパイロットになるには、定期運送用操縦士の資格が必要となる。

パイロット(航空操縦士)になるための進学先

進学先(例)

航空工学系

※短大・専門学校を卒業後、あるいは4年制大学に2年以上在学後、航空大学校に入学し、知識・技術を学ぶというルートもある。

卒業後の主な進路

航空会社、運航会社、物資輸送会社、官公庁 など

パイロット(航空操縦士)の関連資格

事業用操縦士(国)、定期運送用操縦士(国) など ※いずれも飛行機、回転翼航空機(=ヘリコプター)の別あり

※いずれも飛行機、回転翼航空機(=ヘリコプター)の別あり

事業用操縦士〔航空機〕の取得をめざせる大学・短大(短期大学)・専門学校をさがす

進路新聞バックナンバー 私の進路ストーリー 仕事につながる資格を調べよう