カメラマン(写真家)−職業から進路や進学先を考えよう

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

職業から進路や進学先を考えよう!

カメラマン(写真家)

シャッターチャンスをとらえる感覚と感性で勝負

報道カメラマンと広告カメラマンに大きく分かれる。前者が事象や生物・物体をあるがままに捉えるのに対し、後者は広報・宣伝という意図をもって、商品を撮影する。いずれにしても、いかに良い写真、アピールできる写真を撮れるかどうかの実力が問われる世界。仕事をするには、自然・動物・人物・スポーツなど、得意分野を持つと有利だ。

カメラマン(写真家)になるための進学先

進学先(例)

写真、映像、芸術系

卒業後の主な進路

出版・広告関係、コマーシャルスタジオ、ファッション業界、建築フォト業界、フリーランス など

カメラマン(写真家)の関連資格

カメラマン(写真家)の仕事人インタビュー

フォトグラファー
フォトグラファー 前田純さん
前田純さん
その場の空気感やストーリーが大切です
進路新聞バックナンバー 私の進路ストーリー 仕事につながる資格を調べよう