理容師 蓮沼 拓人さん |語る!仕事人スペシャルインタビュー

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

語る!仕事人 スペシャルインタビュー

理容師

蓮沼 拓人
はすぬま たくと

お客様との信頼関係が、もっと似合う髪型への挑戦に

 常連のお客様も多く、一対一で密に接する機会の多い理容師は、ヘアカットやスタイリングをはじめ、男性のひげそりなども行います。「第67回全国理容競技大会」(2015年10月開催)で見事優勝を果たした蓮沼拓人さんに、理容師を目指したきっかけからお仕事の魅力などたっぷりとお話をうかがいました。

理容師 蓮沼 拓人さん

1984年生まれ、千葉県出身。専門学校卒業後、理容師免許を取得しdressing五反野店で理容師としてデビュー。2008年にはU-25として世界大会に出場し、3位という成績を残した。現在は、ヘアメイク ベローチェのマネージャーとして、老若男女問わず幅広い世代のヘアスタイルを担当している

自分の髪型を格好良くしたい! 幼なじみの進学をきっかけに理容師の道を目指す

 高校時代に流行っていた、かっちりと固めたスタイルの髪型に憧れていましたが、自分の髪はクセが強くてうまくセットできず、何とかしたいと思っていました。そんなとき、幼なじみの友人が理容師の道に進むための学校に通い始めたと知ったんです。「男性を格好良くできるのは理容師だ!」と思い、自分も同じ道に進むことを決めました。
 専門学校はクラス制で、黒板に向かう座学の授業は、まるで高校生活の延長のようでした。しかし、学ぶ内容は理容師になるための専門的な授業がほとんど。一週間の中で実技授業だけで一日が終わる日もありました。大学だと4年間でじっくり学ぶイメージですが、僕の通っていた専門学校は2年という短い期間で学ぶので、1日1時間が本当に濃厚な時間に感じました。好きなことが授業になっているので少しも退屈することはなく、自宅でできない実技の練習は、放課後学校に残ってマネキンや友人の髪で練習するほど熱中していました。

お客様の喜びを直で感じられるから、プレッシャーもやりがいと楽しみに変わる

 理容師としてお客様の髪を切り始めたのは、就職して1年目。カットデビューが早いと言われることもありますが、当時の実力はカラーをようやく塗れるようになったぐらい。初めてのカットは想像以上に緊張し、お客様の名前と顔ぐらいしか覚えていないほどでした。それでも、その時に感じた達成感は格別で、10年経ったいまでも記憶に残っています。
 わずか1年足らずでカットデビューができたのも、専門学校時代に多くのコンテストに出場して挫折を味わい、その挫折を乗り越えて、最後の校内コンテストで優勝できたからだと思います。楽しくやれば結果はおのずと付いてくるし、チャンスが巡ってきます。働き始めてからも、いかに自分が楽しくできるかを日々考えています。入社した当時にシャンプーをした小学生は、もう高校生。お客様の成長を感じることができる喜びと、常連のお客様が「お前、成長したな」と、自分の技術を認めてくださるのが、自分にとってこの仕事やっていて良かったなと感じられる瞬間だと思います。

理容師になって10年目の快挙“トレンドカット・オン・レディス”で優勝

 専門学校卒業時のコンテストが人生初の優勝経験。就職後も仕事をしながら多くのコンテストに参加していましたが、結果が残せない大会が多くて――。だからこそ、「全国理容競技大会」の“トレンドカット・オン・レディス”で優勝したときは、最高に嬉しかったです。
 この大会は、30分という短い時間の中でモデルの髪をカットし、ヘアスタイルを完成させなくてはなりません。出場者は、予選の半年ぐらい前からヘアスタイルを考え、大会当日に向けて練習しています。大会用に考えたヘアスタイルは毎回写真を取って保存しているのですが、その時の自分の好みや実力に左右されるので、目に見えて成長を感じられるのがすごく楽しいです。また、モデルの方とも絆が生まれ、励ましてくれたり、髪型を気に入ってくれたりと、今回のコンテストに出場をして得たものは大きく、次のステージに向けてこれからも日々努力を忘れずに取り組んでいきたいです。

自分が好きで始めた仕事だからこそ誇りを持って行うことを心がけている

 理容師を目指したきっかけは幼なじみでしたが、結局は自分が興味を持って始めたこと。いざ仕事に就いてみると、天職であると感じましたね。専門学校に通っていた当時は、手先が器用だと自負していたのですが、実際の現場ではそんなこと関係なくて、そう思っていた自分が恥ずかしいです。理容師は美容師と比べて男性を相手にすることが多いと思います。ひげをそったり、眉を整えたり、髪型を整えたりすることだけでも、その方の魅力が引き出されます。男性自身も格好良くなれば、自然と“自分を磨こう”という気分になるでしょう。そういう人がこれからもっと増えていけばいいなと思いながら、日々仕事をしています。
 理容師や美容師の仕事が気になっているなら、その仕事を好きになる可能性が高いということ。一度好きになると楽しくてやめられなくなります。やり始めたら、自然に世界は広がっていきますし、努力した分自分が成長できて、それを実感すると、どんどん楽しくなる。だからみなさんも、悩む前に一歩前に踏み出してみてください!

INFORMATION

ヘアーメイク ベローチェ
●営業時間
平日・土/10:00〜21:00
日・祝/9:00〜19:00
●定休日
毎週月曜日
第2・3火曜日
●TEL 03-3883-0605
●交通
東武スカイツリーライン「竹ノ塚」駅、つくばエクスプレス「六町」駅よりバス、「第四都営住宅」バス停下車徒歩2分

(掲載日:2016-09-13)

理美容・メイク・エステ・ネイル関係の仕事について調べてみよう

理美容・メイク・エステ・ネイル関係のほかの仕事人を見る

ヘアメイクアップアーティスト /小椋ケンイチさん
ヘアメイクアップアーティスト 小椋ケンイチさん
僕の人生は「ing」=現在進行形 つねに前しか見ない、過去は振り返らない
理容師 /大崎恵里奈さん
理容師 大崎恵里奈さん
お客様を笑顔にできる幸せ。 プロとして日々の勉強を欠かさない
理容師 /蓮沼拓人さん
理容師 蓮沼拓人さん
お客様との信頼関係が、もっと似合う髪型への挑戦に
美容師 /川村賀美さん
美容師 川村賀美さん
美容業界は日々変化しています 美容師として勉強の毎日です
美容師 /山本眞梨子さん
美容師 山本眞梨子さん
「すっきりした。ありがとう」 お客様からのそのひと言がうれしい
美容師 /井上紗矢香さん
美容師 井上紗矢香さん
アレンジだけでその人の“カワイイ”を引き出したい
ネイリスト /黒崎えり子さん
ネイリスト 黒崎えり子さん
基礎・基本の技術を日々磨き、 よりお客様に喜ばれるネイリストに

目指す職業が決まったら学校をさがそう!

理容師を目指せる大学・短大(短期大学)をさがす

理容師を目指せる専門学校をさがす

理容師を目指せる専門教育機関をさがす

進路新聞バックナンバー 私の進路ストーリー 仕事につながる資格を調べよう