医療経営・医療情報学について学べる大学・短大(短期大学)情報

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

医療経営・医療情報学 − 医療・保健

何を学ぶ?

医療施設における管理職等の業務サポートに必要な医療の知識を学び、事務業務やデータ処理・管理の能力、およびマネジメント力を身につける。

主な学部・学科

経営情報学部などの医療情報学科、医療福祉マネジメント学科などで学ぶことができる。

学びの内容・特色

〈医療事務/医療秘書〉
医療事務は、主に病院や医院の窓口において受付、治療にかかった費用の計算・請求、保険証の確認、カルテの作成・管理などを行う仕事。
医療秘書は、それら医療事務の業務に加え、医師が抱える事務の補佐やスケジュール管理を行う仕事を網羅している。どちらも関連資格を取得しておくと有利。

〈診療報酬請求事務〉
医療機関で使われる健康保険の費用を、国や健康保険組合に請求するための事務処理を行う仕事。
具体的には、診療内容による保険点数を計算して、レセプト(診療報酬明細書)を作成する。この仕事をするために必須の資格はないが、診療報酬請求事務能力検定の資格を持っていると有利。

〈診療情報管理士〉
患者一人ひとりの病歴や治療の情報が書いてあるカルテなどの医療データを整理し、医師や看護師の要求に応じて迅速に情報を提供できるようにする仕事。
診療情報管理士認定試験の受験資格は、日本病院会指定の大学・短大などで指定単位を修得し卒業するか、日本病院会の診療情報管理士通信教育を修了することで取得する。