農芸化学について学べる大学・短大(短期大学)情報

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

農芸化学 − 農学

何を学ぶ?

化学や生物学などの観点から農業について考えていく。動物・植物・微生物の生命現象、生物が生産する物質、食品と健康などについて、化学的な考え方に基づいて基礎から応用まで広く研究する。
具体的には、土壌や肥料の研究、微生物の応用、食品の栄養学的な解明などを行う。

主な学部・学科

農学部などで学ぶ。
応用生物科学科、応用生命科学科、生命機能科学科などの学科で学ぶことができる。

学びの内容・特色

実験や実習の割合が多く、各学科、各研究室では、それぞれ特色のある実験をしている。
なお、農芸化学の応用例としては、とうもろこしからのプラスチック作成、環境にやさしい除草剤、花粉症対策米、ピロリ菌を抑える乳酸菌を含むヨーグルト、香料・化粧品への活用などがある。