農学、生物生産・資源学について学べる大学・短大(短期大学)情報

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

農学、生物生産・資源学 − 農学

何を学ぶ?

農業生産に関する原理や技術、生物資源の利用や保全を研究する学問。
具体的には、農作物や花・果樹・野菜などの品質向上や生産向上、品種改良、緑化や土壌・肥料などに関する研究などを行う。
近年は、資源やエネルギー問題、環境問題とも深く関わり、バイオテクノロジーの研究に力を入れている学校が多い。

主な学部・学科

農学部などで学ぶ。応用生物科学科、生物生産科学科、生物資源学科といった学科を有している学校が多い。

学びの内容・特色

応用生物科学科などでは、生命現象や生物機能をさまざまなレベルで解明し、その新しい利用法を考えていく。
生命・食料・環境問題を解決することを目的として、食品に潜在している機能を活用した研究などを行う。
さまざまな生物のしくみを分析する実験のほか、農場での実習を行ったりもする。