応用物理学について学べる大学・短大(短期大学)情報

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

応用物理学 − 工学

何を学ぶ?

物理学の応用を目的とした学問。
物理の原理や理論をもとにして、工学技術への応用を研究するため、産業との関わりが大きい。
主に放射線やプラズマ、計測や制御、量子エレクトロニクスなどの分野を学ぶ。

主な学部・学科

工学部の物理工学科、理学部の応用物理学科などで学ぶことができる。

学びの内容・特色

研究成果を工業技術などへ応用する学問であるが、その基となる物理の基礎的な理論を学ぶことは欠かせない。
また、数学、化学、さらには電子工学などの工業技術の基礎となる分野も学んでいく。
基礎分野の学びを経て、半導体・超伝導・金属などの性質を研究する「物性物理」系、情報理論や計測制御理論などに基づく「情報制御」系、電子素子物理や電気回路について研究する「計測・エレクトロニクス」系など、それぞれの専門分野を学んでいくのが一般的な流れである。