生物工学・バイオテクノロジーについて学べる大学・短大(短期大学)情報

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

生物工学・バイオテクノロジー − 工学

何を学ぶ?

さまざまな生物のしくみや機能を分子や細胞、遺伝子などのレベルで解明し、それらの成果を食品、医療、産業、環境問題などに応用する知識・技術を学ぶ。
バイオテクノロジーあるいはバイオニクスともいわれる。
遺伝子の組み換え、細胞融合などによる発酵・新品種育成・環境浄化への利用、医療分野における新しい治療法への活用など、その応用範囲は幅広い。

主な学部・学科

理学部・理工学部・工学部・農学部の生命工学科、生命化学科、生物工学科などで学べる。
また、バイオサイエンス学科、応用バイオ学科といった学科でも学ぶことができる。

学びの内容・特色

生物のしくみや働きを、実験・実習などを通して、分析・研究。基礎的な知識を学び、その後、応用、個別のテーマの研究と進んでいく。
主な学びの分野としては、遺伝子工学、細胞工学、分子生物学などがある。
遺伝子工学は、遺伝子を有効に利用して人類に役立たせることを目的とした学問。
細胞工学は、生物の細胞や組織を人為的に操作して細胞の仕組みを解明したり、有用な物質や新品種を作り出す技術。
分子生物学は、生命現象を分子のレベルで理解しようとする学問で、特に核酸・タンパク質などの構造・機能について化学反応を通じて明らかにしていく。