航空・宇宙工学について学べる大学・短大(短期大学)情報

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

航空・宇宙工学 − 工学

何を学ぶ?

航空工学では、航空機などの構造やシステムについて学び、より高性能な機体の設計・開発をめざす。
各パーツごとの製作・加工、空気力学、構造力学、推進工学、設計製図などについて学ぶほか、安全な飛行に必要な機体の整備技術も身につける。
宇宙工学は、ロケットや人工衛星などの設計・打ち上げ・誘導制御などを扱う分野。
多方面の科学・技術が用いられ、航空工学で学ぶような講義に加え、ロケット工学、人工衛星工学、航空宇宙技術に関する科目なども学んでいく。

主な学部・学科

工学部、理工学部の航空宇宙工学科、航空宇宙学科などで学ぶことができる。

学びの内容・特色

カリキュラムには、空気力学などを学ぶために、風洞(人工的に空気の流れを加減できるようにしたトンネル型の実験装置)やエンジン模型などを用いた実験や整備実習などが多く取り入られている。
なお、空気力学とは、空気の流れと、その中で運動する物体との間の力学的相互作用を研究する学問のこと。エアロダイナミクスとも呼ばれる。