情報工学について学べる大学・短大(短期大学)情報

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

情報工学 − 工学

何を学ぶ?

情報工学とは「情報」に主眼を置いた工学。
具体的には、コンピュータの理論や利用法などについて学び、実際にハードウェアやソフトウェア開発などをめざす。
より高度なIT社会やネットワークシステムの実現に貢献する役割を担う学問である。

主な学部・学科

工学部や理工学部の、情報工学科・情報システム学科・情報メディア学科など、情報関連の学科で学べる。
学校によっては、さらに細分化したコースを設けているところもある。

学びの内容・特色

プログラミング言語、オペレーティング・システムなどの基本ソフトウェアなどのほか、確率・統計、数値解析、情報数理、計算機数学などの理論を学ぶ。
カリキュラムは、エンジニアの養成を目的として組まれており、ソフトウェア開発技術者、テクニカルエンジニア、基本情報技術者など情報関連の資格の取得もめざしていく。
また、学校によっては、教職課程を履修することで、数学(中学・高校)、技術(中学)、情報(高校)、工業(高校)の教員免許を取得することもできる。