自動車工学について学べる大学・短大(短期大学)情報

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

自動車工学 − 工学

何を学ぶ?

機械工学をベースに、自動車の構造、エンジン、デザインなど自動車全般の知識や技術を学ぶ。
実際に実習車を使って自動車への理解を深めるとともに、さまざまな技術も習得。実習を重ね、自動車を設計・開発・整備する力を身につけていく。

主な学部・学科

工学部、理工学部の機械工学科に設置されている自動車工学関連コースや、自動車工業科などで学べる。

学びの内容・特色

自動車に関わる材料や動力、電気・電子の知識、理論などをはじめ車体の仕組みや自動車整備に関する法規、機械工学系の科目を受講する。
自動車会社の整備部門、整備工場などで、車の整備・調整・点検などの業務に携わるには、自動車整備士の国家資格が求められる。
国土交通省が認定した学校を卒業すると、二級自動車整備士の受験資格が与えられ、かつ受験にあたり実技試験が免除となる。
学校の整備実習では、エンジン・シャシ(シャーシー、車体を支える台枠)・電装などの整備や検査・測定作業などに必要な技術を身につける。