機械工学について学べる大学・短大(短期大学)情報

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

機械工学 − 工学

何を学ぶ?

機械の開発・設計・製作・運転に関して研究。
例えば、工業製品をつくるための機械・装置の設計・開発、新幹線などの輸送機器、人工心臓などの医療機器、ロボットの設計・開発などをするための知識や技術を学ぶ。
科目としては、材料力学、機械力学、流体力学、熱力学、制御工学などを中心に学び、それらの知識を用いて、機械設計や機械で起こる現象の測定、機械の操作などの実習も行う。

主な学部・学科

工学部、理工学部などに、機械工学科、機械システム工学科として設置。
ロボットなどに特化した学科やコースもある。

学びの内容・特色

機械を構成する材料の応力・強度・変形などを研究するための材料力学、機械の動作原理や機械の運動によって生じる現象を扱う機械力学。機械に対する空気や油・水など流体(気体と液体の総称。外力に対して容易に形を変える性質をもつもの)について学ぶ流体力学、熱との関係を考えるための熱力学、機械などの動作を意のままに操作するための理論や技術体系などを扱う制御工学など、さまざまな学問を学んでいく。