物理学について学べる大学・短大(短期大学)情報

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

物理学 − 理学

何を学ぶ?

物質の構造・性質を明らかにし、そこに存在する自然現象の普遍的な法則を研究する分野。
対象となる範囲は幅広く、素粒子・原子・量子といったミクロの世界から、宇宙の発生や構造にまでわたり、基礎を学んだ後、それぞれ専門の分野について研究をしていく。

主な学部・学科

理学部や理工学部の物理学科、工学部の数理工学科などで学べる。

学びの内容・特色

古典力学、量子力学、電磁気学、熱力学、統計力学、物理数学などを学ぶ。
古典力学とは、量子力学などが現れる以前の、ニュートンの運動の法則を根本原理とする力学。
量子力学とは、素粒子・原子・分子などの物理現象を扱う理論体系。
電磁気学は、電気的・磁気的現象全般について研究する学問。
熱力学は、熱と力学的仕事との関係から出発して、熱現象の根本法則を扱う学問。
また、統計力学は、素粒子・原子・分子などの微視的運動を確率論的に取り扱うことによって、巨視的な物質の性質や法則を導き出す学問である。