数学について学べる大学・短大(短期大学)情報

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

数学 − 理学

何を学ぶ?

数値や図形における構造などを分析し、理論・公式・関数などを導き出す科学・技術の発展に不可欠な学問。
数学的知識を学ぶことで、分析・考察・解決といった思考体系も身につけていく。
大学で学ぶ数学は、純粋数学と応用数学に大別される。
純粋数学では、代数学、幾何学、解析学を学び、その後、ガロア理論、多様体論、微分方程式論など、高度化・専門化していく。
応用数学は、他分野の学問や産業技術への展開に役立つ数学理論を研究する学問。数値解析、統計、コンピュータなどの情報に関わる理論などがある。

主な学部・学科

理学部、理工学部の数学科、数理科学科などで学べる。
情報系の学部・学科に設置されていたり、応用数学に特化した学科を備えている学校もある。

学びの内容・特色

全体的な傾向として、はじめは代数・幾何・解析といった基礎的科目を学ぶ。
代数学は、数の代わりに文字を用い、計算の法則・方程式の解法などを主に研究する学問。
幾何学は、図形および図形の占める空間の性質について研究する学問で、解析幾何学・微分幾何学・位相幾何学など多様な内容・方法がある。
解析学とは、微分積分学とそれから発展した数学の総称で、微分積分学・微分方程式論・積分方程式論・実関数論・複素関数論などがある。