美容について学べる大学・短大(短期大学)情報

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

美容 − 芸術

何を学ぶ?

ヘアやメイク、エステ、ネイルなど、美容に関する知識や技術を学ぶ。
なお、美容師になるには、厚生労働大臣が指定した美容師養成施設である学校を卒業し、国家試験に合格する必要がある。

主な学部・学科

美容系の学科や生活文化学科などで学ぶことができる。

学びの内容・特色

美容師養成施設では、美容実習、関係法規・制度、衛生管理、美容保健、美容の物理・化学、美容文化論、美容運営管理、美容技術理論などを学ぶが、実習の時間がかなりの割合を占める。
衛生管理では、公衆衛生全般について勉強し、美容師として注意を払わなければならない感染症、環境衛生などを学ぶ。美容の物理・化学では、美容の施術の際に使用する器具や香粧品を正しく取り扱うために必要な知識を学ぶ。
また、メイクアップアーティストなどをめざすコースには、メイク・ヘア・ネイル・ブライダル・アロマ関連の科目があり、やはり実習を数多く行う。
美容師には、カットやパーマ、カラーリングなどのヘアスタイリングはもちろん、美顔の知識や技術、メイクアップなど、美しさをトータルに提案できるセンスや技術が求められる。また、顧客の要望を受け入れつつ新たな提案をするコミュニケーション能力や接客センスなども身につけておきたい。