建築・インテリアデザインについて学べる大学・短大(短期大学)情報

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

建築・インテリアデザイン − 芸術

何を学ぶ?

住空間や商業施設、都市などにおける建築、家具、空間などのデザインを扱う。建築についての知識・技術を学ぶが、工学的な面よりデザイン面に重点を置いて、快適な空間の創造を追究していく。
教育内容は学校によって異なるが、例えば1・2年次にデザインや建築工学の基礎や製図・測量・設計など実技面の基本を学び、3・4年次に建築工学、環境工学、建築設計の実技とともに、さまざまな建築様式に沿ったデザインをしたり、設計図を製作したりするといったカリキュラムで学ぶ。

主な学部・学科

美術学部、芸術学部、造形学部などのデザイン科、デザイン学科、建築学科、空間造形学科などに建築デザイン、環境デザイン、インテリアデザインのコースとして設けられていることが多い。その他、家政系の学部で扱っている学校もある。

学びの内容・特色

構造、材料、生産、施工など建築の基礎知識、住宅などのプライベートスペース、商業施設などのパブリックスペースにおける色彩、照明、家具の配置、売場演出の方法、さらには都市計画や環境問題などからの視点を学ぶなど、扱う範囲は幅広い。
また、年齢や障害などの有無にかかわらず、すべての人が使いやすいように建物や製品などをデザインする「ユニバーサルデザイン」などについても学ぶ。