写真について学べる大学・短大(短期大学)情報

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

写真 − 芸術

何を学ぶ?

写真撮影の知識や技術、歴史や芸術論など、写真に関する理論と実践の両面を学ぶ。
学校・学科によって、学ぶ内容に違いはあるが、ベースとしては、ネガフィルム・ポジフィルムを使用した写真やデジタル写真の撮影技法や機器の扱い、暗室での現像作業、コンピュータを使った画像加工・編集、広告・報道・印刷出版へ応用する知識・技術などを学ぶ。
専攻は、アートとしての写真、コマーシャルフォト、報道写真などに分かれ、それぞれの分野に応じて学び、作品を撮影・創作していく。

主な学部・学科

芸術学部や造形学部の写真学科、写真コースなどで学べる。
また、デザイン関連の学科や映像系の学科に、専攻やコースが設置されている場合もある。

学びの内容・特色

全体的な流れとしては、はじめに撮影に関する基礎科目を履修、さらに画像加工や編集についても学んでいき、その後、専門・応用的な内容へと進んでいく。
講義や実習では、撮影技術の向上や知識の習得などに加え、写真によってメッセージを表現すること、オリジナリティのある作品を制作することなどを追究していく。