美術について学べる大学・短大(短期大学)情報

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

美術 − 芸術

何を学ぶ?

絵画・彫刻系の学科・コースでは、美術史や素材などの理論やデッサン技法、彫刻・塑造(粘土などで彫刻の原型を造ること)技術などを学んだり、実際に創作をしながら、技術や感性を磨いていく。
書道関連の学科・コースでは、書道史・書学、書の技術・技法などを学び、「書」への理解を深めていく。

主な学部・学科

美術学部や造形学部、芸術学部の美術学科、造形学科などで学ぶことができる。これらの学科は、日本画、洋画または油画、版画、彫刻など、各コースに分かれていることが多い。

学びの内容・特色

絵画系の学科は、一般的には日本画、洋画(油画)、版画といったコースに分かれる。各コースでは、デッサンなどの基礎練習、用具使用の訓練、古典模写などを行い、課題作品・自由制作の創作などを行う。
また美術史、美の本質や美的現象などについて考察する美学、色彩学なども学んでいく。
彫刻系の学科では、はじめにデッサンを学び、やがて石膏像や静物などを順次創作し、石膏、木彫、石彫などそれぞれの材料や制作技術について学んでいく。
美術の教員免許を取得するカリキュラムを持っている学校も多い。