被服学について学べる大学・短大(短期大学)情報

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

被服学 − 家政

何を学ぶ?

衣服に関して、いろいろな角度から分析・研究をしていく。
衣服のデザイン・製作やその材料となる繊維に関する知識を習得したり、衣服の保管や手入れ、生産・消費・流通などの側面、服飾の歴史について学ぶなど、いろいろな学びの領域がある。
学ぶコースによって、それぞれ内容に違いはあるが、衣服の基本的素材である繊維や生地の性質を研究する実験、洗浄・染色に関する実験、またオリジナルの服のデザインや製作など、実習を多く取り入れている分野でもある。

主な学部・学科

家政学部、服飾学部、造形学部、芸術学部などの服飾学科、被服学科、ファッション関連の学科・コースで学ぶことができる。

学びの内容・特色

主な学びとしては、被服材料学、被服意匠学、被服生理学、被服構成学などがある。
被服材料学は、衣服の材料となる繊維の特性、構造、製造方法などについて学ぶ学問。
被服意匠学では、色彩学・服装文化史について学ぶ。
被服生理学は、着心地、肌触りなど、人間にとって快適な衣服はどういうものかを分析していく。
被服構成学は、衣服製作の理論、そして実際の製作技術について学ぶ。
一口に被服学といっても、いろいろな分野があるので、そのなかでもどの分野に力を入れている学科やコースなのか調べておくことが大切。