社会福祉学について学べる大学・短大(短期大学)情報

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

社会福祉学 − 社会科学<法・経済・商・社会・福祉学等>

何を学ぶ?

高齢者や、身体的・精神的に障害者を持つ人など、社会的な支援を必要とする人々への援助のあり方、さらに政策や制度面の問題などについて学ぶ。
実習や、理論・法律・社会制度などの学びを通して、誰もが人間らしく快適に生活できる社会の実現について考えていく。
なお、社会福祉士、介護福祉士、精神保健福祉士など福祉関連の国家資格を受験するには、養成課程として指定されている学校で規定の科目を修了する必要がある。社会福祉関連の学部・学科の多くには資格取得に必要なカリキュラムが設置されているが、学校によって受験資格が取得できる資格が異なるので、入学前に必ず詳細を確かめておくことが必要。

主な学部・学科

福祉学部、社会福祉学部、人間福祉学部、医療福祉学部などで学ぶことができる。

学びの内容・特色

実習では、学校に関連した施設や、提携している老人ホーム、老人保健施設、デイサービスセンターなどで、食事や入浴の援助、動作に対するケアなどの経験を積む。また、学校における講義でも、車椅子体験実習や姿勢変換など、自ら障害を体験するといったカリキュラムも組まれている。
理論・制度面では、保険福祉論、地域福祉論、障害福祉論、社会福祉政策、社会福祉思想といった講義を受講する。