メディア学について学べる大学・短大(短期大学)情報

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

メディア学 − 社会科学<法・経済・商・社会・福祉学等>

何を学ぶ?

大きく分けて、各メディアの特性や問題点・社会的影響などについての研究を中心とする場合と、映像制作やIT技術などについて学ぶ場合の二つがある。
メディア研究を中心とする学科では、新聞・雑誌・テレビ・広告、さらにはインターネットなどの媒体について、その特徴・機能や社会に与える影響について分析・研究する。
映像制作技術などを学ぶ学科では、技術の習得に必要な理論の学習や、実際の機材などを使っての実習などを行う。
大学・学科によって、学ぶ内容が大きく異なるとともに、特に技術を中心に学ぶ学科では、さらに細かくコース分けされていることもある。

主な学部・学科

メディア学部や情報学部、社会学部・人文学部のメディア関連の学科などで学ぶことができる。

学びの内容・特色

メディア研究中心の学科では、放送論、新聞論、出版論、広告論など一般的な概論の学習などを経て、その後演習などで、自分の専門分野を決めてさらに深く学んでいくことが多い。
IT・映像技術関連の学科では、理論も含めてまず基礎技術の習得を行い、その後、テーマに沿った作品の制作、さらにより高度な作品作りへと移行していく。