商学、会計学について学べる大学・短大(短期大学)情報

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

商学、会計学 − 社会科学<法・経済・商・社会・福祉学等>

何を学ぶ?

商品の売買や流通などの商取引の仕組みを分析・解明する学問。
消費動向を調査するマーケティングや、商品開発、流通・販売の仕組みなど、商取引に関わる生産者、流通・販売業者の活動やメカニズムについて研究する。
経済学と経営学の橋渡し的な役割を担いながら、その中間領域を学ぶ学問。商品やサービスが生産者から流通業者を通して消費者に行き渡るまでを守備範囲とし、加えて企業経営、中小企業の経営判断・マネージメント、銀行・保険・証券に関する金融なども扱う。

主な学部・学科

商学部や、経済関連学部の商学科、会計学科などで学べる。
会計、流通、金融、マーケティングなど、各学科・コースに分かれている学校もある。

学びの内容・特色

商学一般について全体的に学ぶ商学総論、商業の歴史を学ぶ商学史、販売市場についての研究をするマーケティング論、商品の品質を扱う商品論などがある。
また、個人や企業などの経済活動状況を一定の計算方法で記録し情報化する「会計」も学びの範囲にあたる。
会計の分野では、会計学や、企業の経営活動を記録・計算・整理して経営成績と財政状態を明らかにする技能である「簿記」などを学んでいく。