観光学について学べる大学・短大(短期大学)情報

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

観光学 − 社会科学<法・経済・商・社会・福祉学等>

何を学ぶ?

観光という視点から、日本や世界各国の文化や社会について学ぶとともに、観光産業の知識や技能・マネジメント力などを身につけていく。
学ぶ内容は、観光業の経営、観光業による地域の発展などについての研究に加え、実際にテーマパークやホテルなどに行き実践力を身につける実習などもある。また、総合・国内旅行業務取扱管理者などの資格取得に向けたカリキュラムを採用している学校もある。
観光に関するどの分野を学びたいかによって学校選択は異なってくるので、各学校のカリキュラムで、学ぶ内容を確認しておくことが大切。

主な学部・学科

観光学部、観光文化学部などに加え、国際学部、経済学部、商学部などに観光系の学科を設置している学校もある。
また近年は「心のこもったもてなし」を意味する「ホスピタリティ」を学部・学科名に入れている学校も増えている。

学びの内容・特色

観光の現場に行って研究・体験をするフィールドワークは、町おこしイベントからテーマパーク・空港での研修まで、学科・コースによりさまざまな形態がある。
また、海外を対象とした観光コースの場合、語学関連のカリキュラムに力を入れている学校もある。