心理学について学べる大学・短大(短期大学)情報

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

心理学 − 人文科学<文学・語学・哲学・心理学等>

何を学ぶ?

人間の理性と感情、それらによって引き起こされる行動について科学的に分析・検証する。
発達段階や社会・集団・他の人との関わりのなかでの心の動きを解明したり、個々が抱える心理的な問題の解決方法の研究などがテーマとなる。
精神が発達する際の傾向・法則を研究する「発達心理学」、人間の社会的意識や行動を社会環境や条件との関連で分析し理論化していく「社会心理学」、個人の問題や集団適応についての問題を、心理学的知識や技術によって解決を図ることをめざす「臨床心理学」をはじめ、多数の分野がある。また、そうした心理学の研究には、統計や分析など理系の知識も用いられている。

主な学部・学科

心理学部を設けている学校もあるが、人文学部、文学部、人間科学部、人間社会学部などの学部に、心理学科として設けているケースが多い。
また、社会心理、臨床心理、児童心理、福祉心理など、コースに分かれて学ぶ学校も多い。

学びの内容・特色

発達心理学のなかでも、乳幼児から児童期までの発達を研究するのが、児童心理学。そうした一つの分野に特化したカリキュラムを組んでいる学校もある。
また、福祉サービス利用者やその家族などの福祉に関する相談や助言・指導などについて学ぶ福祉心理系のカリキュラムを中心とした学科もある。