滋慶おもてなし&ブライダル・観光専門学校の先輩・先生の声

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

school

大阪府 私立専門学校

滋慶おもてなし&ブライダル・観光専門学校

パンフレットをもらう

滋慶おもてなし&ブライダル・観光専門学校 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
0120-947-718(入学相談室)  
E-mail
info@jikei-hospitality.ac.jp  
URL
http://www.jikei-hospitality.ac.jp  

先輩の声

美しいブライダルの世界観に憧れて入学。なんと2ヶ月後には本物の結婚式をプロデュース!

濱上奏沙 さん / ブライダルワールド ブライダルプランナーコース / 三重県 鈴鹿高等学校出身

先輩

私がブライダルプランナーの仕事を知ったのは、中学1年生の時の「職業調べ」という授業でした。ウェディングドレス、挙式会場やお料理など、キラキラした現場に憧れて将来は「ブライダルプランナーになりたい!」と思うようになりました。
入学後の6月に授業の一環として、本物の結婚式をプロデュースすることになりました。私はドレススタイリストを担当させていただき、何もかもわからない初めての状態で、みんなで力を合わせながら、いろんなことを乗り越えるいい経験になりました。
最初は実感がわかなかったものの、本番が近づくにつれ、ご親族の方が入られるということもあり、本当に私たちが担当してよいのかというプレッシャーに押しつぶされそうになりながらなんとかやり遂げることができました。挙式のあと、新郎新婦やご親族の方に「素敵な結婚式をありがとう!」と声をかけていただいたことで、チャレンジしてよかった!やっぱりこの道を目指してよかったとあらためて思い、さらなる目標ができました。
今一番身につけたいものはコミュニケーションスキルです。新郎新婦が思い描くイメージをしっかりと引き出して、お二人らしい結婚式をプランニングし、ご親族やご友人、結婚式にご出席されるすべての方が心から幸せになるウエディングをコーディネートできるブライダルプランナーになりたいと思っています。

(掲載年度:2016年度)

ホスピタリティと語学力を兼ね備えた人になりたい!

中村直士 さん / ホテルワールド ホテルコース / 専門学校禅林学園

先輩

高校を卒業後、少林寺拳法を学びに専門学校に2年通いました。その時、出会った方にホスピタリティが大切だということを深く感じ、将来はおもてなし力のあるマネジメントできる人になりたい!と強く思うようになりました。
そんなときに出会った滋慶おもてなし&ブライダル・観光専門学校で、第一期生ということもあり、これから自分たちが作り上げていくことができるということにも魅力を感じ、入学を決定しました。
ホテルマンの先生方は立ち居振る舞いがとてもかっこよく、「なぜこれをしなければならないのか?」「なぜ必要なのか?」などを理論でわかるまで教えてくれます。Bar実習やフードコーディネーター、ホテルの基礎分野を学ぶ授業はとても楽しく、先生方のお話しされることすべてをメモに取りますが、覚えることがたくさんで毎日が勉強です。
海外研修で行った、エコールオテリエールローザンヌでは、本場のホスピタリティを学ぶことができ、新たな刺激になりました。2年目にはオーストラリアのクイーンズ大学へ半年間の留学に行きます。まだまだ英語力も含め、学ぶことはたくさんですが、必ず成長して帰国したいです。

(掲載年度:2016年度)

将来は外国で働きたい!

山村雅美 さん / トラベルワールド トラベルカウンター&プランナーコース / 大阪府立松原高等学校

先輩

私は旅行が好きで、海外に住みたいと思い、何ができるか考えた時にトラベルマネジメントコースを選択しました。
目標と進路が決まったので、AO入学でエントリーし、早くに進路が決まりました。滋慶おもてなし&ブライダル・観光専門学校では「Wメジャーカリキュラム」という制度があり、自分のコース以外の分野の授業をとれることや、選択授業でBarとソムリエ実習を学ぶことで、知識の幅が広がっていくのがわかります。
国家資格の試験の勉強はとても難しいですが、好きなことなので毎日覚えることが楽しいです。英語も大好きなので、話せるようにと積極的に英語のスピーチコンテストに挑戦したり、常に何かを取り入れたいと思っています。
トラベル科は留学生も多いので、授業で各国の料理を作ったり、中国・台湾などのことも知ることができて、すごく勉強になります。みんな考え方も違うので、衝突したこともありましたが、今ではとっても仲良くなりました。
合同授業もあるので、分野が違う子とも仲良くなることができて、学校帰りにいろんなところに遊びに出かけたりします。みんな仲がよいので、くじけそうになっても頑張ろう!と思える仲間です。
自分が本当に好きなことが決まったら、その道を目指すのが一番だと思います。早く決まればいいと思いますが、だからといって焦らず、じっくり学校選びをしたのがよかったかなと思っています。夢に向かってがんばっていきたいと思います。

(掲載年度:2016年度)

▲ 滋慶おもてなし&ブライダル・観光専門学校の先輩・先生情報トップへ

先生からのメッセージ

人生の最高の瞬間に立ち会える喜びはこの上ない感動です!

七瀬蘭実(ななせ らみ) 先生 / ブライダルワールド

先生

私はお花の世界からブライダル業界に入りました。新郎新婦は100組いれば100通りの形があります。大変なことはもちろんありますが、「七瀬さんがプランナーで本当によかった。ありがとう!」と言われた瞬間はすべての努力が感動と達成感に代わり、心からの喜びにあふれます。ああ、やっててよかった!と思う瞬間です。
私の授業では、学んだ基礎をベースにリアルウエディングや企業プロジェクトなど、実習・実践を主に行っています。人とのふれあいで成り立つホスピタリティの世界でぜひ活躍してほしいと思います。
みなさんは、知識も経験もまだまだこれから身につけていきますが、新しいことに敏感になり、好きなことを追求する、そして常にキラキラした人生を送ってほしいと思います。前向きに学んでコミュニケーション能力を身につけてください。
私は全力で皆さんを応援します!

(掲載年度:2016年度)

あなたの笑顔で感動するお客様がいます!

辻倉一毅(つじくら かずたか) 先生 / ホテルワールド

先生

ホテルで働くということは、華やかな世界ではありますが、お客様の目に触れていないところでは、皆汗をかきながら一生懸命働いています。私たちはそれをお客様に一切見せずに、どれだけスマートにかっこよく見せるかというところが醍醐味であり、そこは私自身がすごく気に入っているところです。
私はエンターテイメント性の高い接客を心掛けていましたが、ある時退職のご挨拶に伺ったときに、いつも親しくしているお客様が「寂しいよ」と泣きながらおっしゃいました。そのとき、自分の接客というものがお客様に響いていたのだという実感がありやりがいを感じました。
誰かを幸せにしたい、人を楽しませるのが好き!そんな思いを持っている人には最高のお仕事だと思います。
ホテルの仕事はきついといわれがちですが、どの仕事を選んでもきつくない仕事などありません。自分がやりがいを感じる仕事こそ、笑顔で向き合えるものです。ぜひ目指してください。待ってますよ。

(掲載年度:2016年度)

今でも尽きないそらへの思いを胸に、全力でサポートいたします!

蒲池典代(かまち みちよ) 先生 / エアラインワールド

先生

私は日本航空株式会社に23年間、無遅刻無欠勤で国際線CAとして活躍してまいりました。
客室乗務員の仕事は、一見華やかでかっこよく見える憧れの職業ですが、体力とお客様への気遣いが何より大切です。自己管理と健康、そしてホスピタリティの精神をもって日々業務に取り組みます。
ひとたび飛行機に乗るとお客様の安全を第一に考え、私たちはまず保安要員となります。限られた空間の中で、いかに快適にお客様に過ごしていただけるのかを考えおもてなしをします。もちろん大変なことはたくさんあります。国際線に乗務する場合は時差や睡眠時間のコントロールが大変ですが、勤務を終えた後の達成感がやりがいとなり、また活力がわいてきます。
乗務するにあたり、同僚とのチームワーク、コミュニケーション能力がいちばん大切で、これを欠かすことはできません。CAの採用試験では、個人の面接・語学力だけでなく、このようなことも審査基準になってきます。まずは、合格すること。そのためにも日ごろからの目上の方への接し方、同級生への気遣い、家族への感謝を忘れないでいてください。そうすればきっと、すばらしい人材となり、ホスピタリティ業界で活躍できると思います。ぜひ、目指してくださいね。

(掲載年度:2016年度)

▲ 滋慶おもてなし&ブライダル・観光専門学校の先輩・先生情報トップへ

滋慶おもてなし&ブライダル・観光専門学校に興味を持ったらパンフレットをもらおう
滋慶おもてなし&ブライダル・観光専門学校のパンフをもらう