札幌スイーツ&カフェ専門学校の先輩・先生の声

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

school

北海道 私立専門学校

札幌スイーツ&カフェ専門学校

パンフレットをもらう

札幌スイーツ&カフェ専門学校 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
0120-312-296  
E-mail
info-sapporo-sweets@sanko.ac.jp  
URL
http://www.sanko.ac.jp/sapporo-sweets/  

先輩の声

お客様の喜ぶ顔がやりがいに。

菊地 有里紗 さん / 株式会社YOSHI パティスリーYOSHI 勤務

先輩

●仕事内容/仕事のやりがい
パティスリーYOSHIは、地元のお客様が多く訪れるお店。でも、遠方からわざわざ来てくれるお客様も少なくないんですよ。お店では、ケーキやアイスクリーム、焼き菓子やマカロンなどを提供。イートインスペースもあります。仕事のやりがいを感じるのは、ご来店されたお客様の喜ぶ顔を見れた時や、常連のお客様が増えて行くことを実感できた時です。

●仕事での嬉しいエピソード
「おいしかったのでまた来ました」と言っていただけたこと。
自分の中で「常に笑顔でいる」ということを心がけています。自分が笑顔でいれば周りも自然と笑顔になると考えているので、これからも笑顔で毎日仕事をしていこうと思っています。うれしかったエピソードは、イートインスペースで接客をした際、「この間食べたこれがおいしかったから、また来ました」と言っていただけたことです。

●専門学校での経験で、今一番役に立っていること
「店舗実習」で製造から接客までいろいろ学べたこと。
「店舗販売実習」では学ぶことが多く、その時に学んだことが今、仕事をする上でとても役に立っています。「店舗実習」では、お客様に提供するメニューを自分たちで考えて、材料を選び、作るのですが、お客様に買っていただくということをしっかり意識しなければなりませんでした。それは実際にお店で作るのと同じなので、事前に経験できてよかったと思っています。また、接客や店内レイアウトも販売には重要な要素になることも実感。初めてのお客様もいらっしゃいましたが、常連のお客様も結構いらっしゃったので、それぞれの接客法なども勉強になったし、実際にお客様と身近に触れ合えたことは今の仕事でも役に立っています。

●同じ業界をめざす後輩へのアドバイス
いろんなお店で料理を食べることも勉強になります。
技術も知識も基礎が大事。基礎の学びはおろそかにしないことです。それから時間のある学生のうちに、ケーキ屋さんはもちろん、カフェやレストランなど、たくさんお店に行き、いろんな料理を体験しておくといいと思いますよ。その体験の中から、自分がめざすスイーツやお店が見えてきますから。就職先選びなどのヒントにもなると思いますから、ぜひ実行してみてください。

(掲載年度:2016年度)

世界の方々に私のケーキを食べてもらいたい。

田中 理紗子 さん / ルスツリゾートホテル 勤務

先輩

●仕事内容/仕事のやりがい
バイキングでお出ししている焼き菓子や生菓子から、ホテル内のスイーツショップで売っているプティガトーまで、本当に幅広くケーキを作られていただいています。仕事は8時からスタートするので、毎日7時半には出勤。最初にスイーツショップで販売するケーキの仕上げを行ない、その後その日一日にやらなければならないことをチェック。私はムースやケーキの製造をメインに行なっています。仕事に追われる毎日ですが、お客様の「美味しい」と喜ぶ顔が見れることがこの仕事のやりがいですね。

●仕事での嬉しいエピソード
「周りをよく見ているね」と上司に褒められたこと。
お客様と直接接することはほとんどありませんが、先輩や上司から「周りをよくみて仕事ができているね」と褒めていただけたことがあり、専門的な勉強をしていない同期よりは役に立っているかなと思えて、うれしかったです。

●専門学校での経験で、今一番役に立っていること
先を読んで行動できるようになったことと、大量仕込みの方法を学べたこと。
うちの学校は実習が多かったので、実習を通して次に何をすればいいのか、先を読んで行動することができるようになりました。また、店舗実習で身についたのは、大量仕込みの方法。多くの量を一度に仕込むホテルではとても役に立っています。

●今後の夢、挑戦したいこと
自分が作ったケーキを世界の人に食べてもらいたい。
このルスツリゾートで長く働いて、いつか自分が考案したケーキを販売できたらと思っています。リゾートホテルは、日本の各地からお客様が訪れるだけでなく、外国のお客様もいらっしゃいます。日本の、世界のお客様に私のケーキを食べていただけたらうれしいですね。

●同じ業界をめざす後輩へのアドバイス
お菓子が好き!という気持ちが大事。 
パティシエという職業は楽しいだけではなく大変なことも多いですが、お菓子を作るのが好き!という気持ちがあれば絶対大丈夫!

(掲載年度:2017年度)

▲ 札幌スイーツ&カフェ専門学校の先輩・先生情報トップへ

先生からのメッセージ

感動を与えるパティシエになろう!

岩川芳久 先生

先生

パティシエを目指すには、自分なりの目的を持ち、常にいろいろなことに興味を持ちましょう。日々挑戦し、努力をする中で、いつかたくさんの人に感動を与えるパティシエになれるはずです。

(掲載年度:2017年度)

夢に向かって成長しよう!

和田英之 先生

先生

北海道から食を発信していけるように、食の魅力などを吸収しながら、夢に向かって成長しましょう。

(掲載年度:2017年度)

スイーツ、カフェの分野で活躍する手助けをします!

古野生真 先生

先生

皆さんの夢に真剣に向き合い、自分の経験や知識を惜しみなく伝えていきたいと思っています。皆さんが大好きなスイーツ、カフェの分野で活躍できる、その手助けが出来ればと考えています。

(掲載年度:2017年度)

▲ 札幌スイーツ&カフェ専門学校の先輩・先生情報トップへ

札幌スイーツ&カフェ専門学校に興味を持ったらパンフレットをもらおう
札幌スイーツ&カフェ専門学校のパンフをもらう