札幌スイーツ&カフェ専門学校の先輩・先生の声

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

school

北海道 私立専門学校

札幌スイーツ&カフェ専門学校

パンフレットをもらう

札幌スイーツ&カフェ専門学校 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
0120-312-296  
E-mail
info-sapporo-sweets@sanko.ac.jp  
URL
http://www.sanko.ac.jp/sapporo-sweets/  

先輩の声

お客様の喜ぶ顔がやりがいに。

菊地 有里紗 さん / スイーツパティシエ科 パティシエ専攻 / 株式会社YOSHI パティスリーYOSHI 勤務

先輩

●仕事内容/仕事のやりがい
パティスリーYOSHIは、地元のお客様が多く訪れるお店。でも、遠方からわざわざ来てくれるお客様も少なくないんですよ。お店では、ケーキやアイスクリーム、焼き菓子やマカロンなどを提供。イートインスペースもあります。仕事のやりがいを感じるのは、ご来店されたお客様の喜ぶ顔を見れた時や、常連のお客様が増えて行くことを実感できた時です。

●仕事での嬉しいエピソード
「おいしかったのでまた来ました」と言っていただけたこと。
自分の中で「常に笑顔でいる」ということを心がけています。自分が笑顔でいれば周りも自然と笑顔になると考えているので、これからも笑顔で毎日仕事をしていこうと思っています。うれしかったエピソードは、イートインスペースで接客をした際、「この間食べたこれがおいしかったから、また来ました」と言っていただけたことです。

●専門学校での経験で、今一番役に立っていること
「店舗実習」で製造から接客までいろいろ学べたこと。
「店舗販売実習」では学ぶことが多く、その時に学んだことが今、仕事をする上でとても役に立っています。「店舗実習」では、お客様に提供するメニューを自分たちで考えて、材料を選び、作るのですが、お客様に買っていただくということをしっかり意識しなければなりませんでした。それは実際にお店で作るのと同じなので、事前に経験できてよかったと思っています。また、接客や店内レイアウトも販売には重要な要素になることも実感。初めてのお客様もいらっしゃいましたが、常連のお客様も結構いらっしゃったので、それぞれの接客法なども勉強になったし、実際にお客様と身近に触れ合えたことは今の仕事でも役に立っています。

●同じ業界をめざす後輩へのアドバイス
いろんなお店で料理を食べることも勉強になります。
技術も知識も基礎が大事。基礎の学びはおろそかにしないことです。それから時間のある学生のうちに、ケーキ屋さんはもちろん、カフェやレストランなど、たくさんお店に行き、いろんな料理を体験しておくといいと思いますよ。その体験の中から、自分がめざすスイーツやお店が見えてきますから。就職先選びなどのヒントにもなると思いますから、ぜひ実行してみてください。

(掲載年度:2016年度)

ゆっくりくつろげるカフェを作るのが夢。

栗嶌 真友 さん / スイーツパティシエ科 カフェ専攻 / イタリア料理Barilotto 勤務

先輩

●仕事内容/仕事のやりがい
調理補助と接客が主な仕事。
私の勤務しているお店は、イタリア料理専門で、カウンターだけの小さなお店。お客様との距離が近いのが特徴です。ここで私は調理補助(パスタの生地作りやデザートの仕込みなど)とドリンク提供、接客などの仕事を行なっています。仕事のやりがいはお客様からの「ありがとう」や「おいしい」のひと言をいただけた時、お客様の笑顔を見た時に感じます。

●仕事での嬉しいエピソード
お出しするラテアートを喜んでいただけること。
お客様とのなにげない会話は楽しく、お客様とコミュニケーションできることはやりがいのひとつになっています。また、私がドリンクをサービスする際、ラテアートをお出しするととても喜んでいただけるんです。時には、お客様からリクエストをいただくこともあります。学校の授業でラテアートを習っていて本当に良かったと思いますね。

●専門学校での経験で、今一番役に立っていること
いろいろな授業で即戦力が磨けました。
一番はラテアートの授業ですね。おいしくコーヒーを入れられたり、いろいろなアートが描けるようになりました。また、調理実習の時には、実際にお店をやられているイタリア人のシェフの方が本格的なイタリアンの指導をしてくださったんです。パスタの生地づくりや粉の配合など、実践的に学べて良かったと思います。店舗実習では、みんなで1からメニューを考え、材料を仕入れたり、準備をしたり、接客をしたり。就職してから役立つさまざまなことを学べました。オープンキャンパスのスタッフをやった経験も、とても役に立っていると思います。来てくれる高校生たちが喜んでくれるものを自分たちで考えて作り、その作り方を高校生に教えてあげるんですが、自分がしっかり理解していないと教えられないので、自分自身の勉強にもなりました。

(掲載年度:2016年度)

▲ 札幌スイーツ&カフェ専門学校の先輩・先生情報トップへ

札幌スイーツ&カフェ専門学校に興味を持ったらパンフレットをもらおう
札幌スイーツ&カフェ専門学校のパンフをもらう