札幌ブライダル&ホテル観光専門学校の先輩・先生の声

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

school

北海道 私立専門学校

札幌ブライダル&ホテル観光専門学校

(旧校名:札幌ブライダル専門学校)

パンフレットをもらう

札幌ブライダル&ホテル観光専門学校 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
0120-874-352  
E-mail
info-sapporo-bridal@sanko.ac.jp  
URL
http://www.sanko.ac.jp/sapporo-bridal/  

先輩の声

お客様に愛され、感謝されるヘアメイクさんになりたい。

板垣 紗恵里 さん / ブライダルコーディネーター科 / 株式会社 美美 ブライダルハウスBIBI 勤務

先輩

●仕事内容/仕事のやりがい
セレモニーのドレス選びが私の仕事。
現在、ドレスショップで働いています。結婚を決めたお客様のドレス選びや小物選び、フィッティングのお手伝い、結婚式当日のヘアメイクなどが主な仕事。結婚式以外では、成人式、卒業式など、セレモニーの際のヘアメイクなどを行なっています。心がけているのは、常に笑顔で親身になって接客すること。やりがいを感じるのは、お客様に感謝され、「ありがとう」と言っていただけた時です。

●仕事での嬉しいエピソード
涙を流して喜んでくださったこと。
結婚式のお支度をお手伝いをさせていただいた時、新郎新婦様から感謝の言葉をいただいたんです。その時、新婦様が涙を流して喜んでくださったことは、今でも覚えています。

●専門学校での経験で、今一番役に立っていること
仕事のやりがいや大切なことを学べたブライダルプロジェクト。
ヘアメイクの技術や知識はもちろんですが、言葉遣いや立ち居振る舞いなど、ビジネスマナーで学んだことは、とても役に立っています。またいろいろな検定を取るために勉強した知識も、活かされていると思いますね。学び以外では、ブライダルプロジェクトの総括をやった経験も大きかったですね。総括をやろうと思ったのは、周りが誰もやらなかったので(笑)。でも、準備段階ではいろいろなハプニングが起きたり、意見の対立があったり、協調性が問われる場面も多く、大変なことばかりでした。でも、最終的にはみんなで力を合わせて、新郎新婦様に喜んでもらえる挙式ができて、本当によかった。がんばれば、その想いは伝わるんだなと実感できたし、喜びを分かち合うことの素晴らしさ、この仕事のやりがいを感じることもできました。

●同じ業界をめざす後輩へのアドバイス
学生時代は、カリキュラムの中に、「これって本当に必要なの?」と思うものもあるかもしれない。でも、現場に出てみると、学校で学ぶものでムダなものは一つもないと実感できるはず。例えば、ネイルやエステなど、私の場合、今の現場では使わないものですが、知識を持っているおかげで、お客様とのコミュニケーションのきっかけになったり、アドバイスをしてさしあげることもできる。だから、必要ない!と決めつけないでしっかり学んでおいた方がいいと思いますよ。大変なこともたくさんあると思いますが、がんばれば絶対に自分のためになりますから。

(掲載年度:2016年度)

一つひとつの婚礼を大切にしていきたい。

菊地 祐里 さん / ウェディングプランナー科 / ホテルモントレー株式会社 ホテルモントレエーデルホフ札幌 勤務

先輩

私がこの学校を選んだのは、他の学校より企業とのつながりが強いことや実習があること、資格も取得できることなどにもひかれたからです。現在私は、平日は婚礼準備や打合せなどを行い、土日は会場見学にいらしたお客様のご案内や、ブライダルフェアの用意と会場の飾り付け、挙式がある場合は、先輩方のサポートを行なっています。これからも1件、1件、婚礼の大切さを実感しながら、お客様と接していきたいと思っています。

●仕事内容/仕事のやりがい
お客様の笑顔が私のやりがいです。
平日は婚礼に向けての料理の発注や宿泊確認、会場の設営、一覧表やアンケート・パンフレット・引き出物のカタログ作りなどの仕事が中心になります。土日はブライダルサロンでの仕事がメイン。会場見学にいらしたお客様のご案内や、ブライダルフェアの用意と会場の飾り付け、挙式が予定されていれば祝電の確認、受付説明などが主な仕事です。1日の中で自分のやるべきことをすべてやり、お客様に「ありがとう」と言われた時はうれしいですね。また、お客様を会場にご案内する時に、具体的なエピソードを説明し、よりイメージがわきやすいように案内しているので、結婚式を楽しみにしてくださったり、イメージをふくらませ笑顔になっていただけることが私のやりがいかな。

●仕事での嬉しいエピソード
私の接客でご成約いただけたこと。
初めて一人でお客様を接客させていただいた時、そのお客様が一旦「検討します」とおっしゃってお帰りになったんです。でもその後戻って来てくださって。「一生に一度だから、気に入ったところで式を挙げたい。菊地さんとの打合せがとても楽しかったので、ここにします」と言ってご成約してくださったんです。あの時は、本当に嬉しかったです。

●同じ業界をめざす後輩へのアドバイス
アルバイトなどを通して社会経験するのもいい。
現場では、パソコンを使うことが多いので、使いこなせるようになっているといいと思いますよ。また、お客様に説明する時や、上司と話をする時など、さまざまな場面で敬語を使うので、正しい敬語の使い方はしっかり身につけておいた方がいいと思います。そのためにも、学生時代からアルバイトなどを通して、社会に出ていろいろな経験をしておくといいんじゃないかな。そして、自分の成長に繋がるから、どんなことでもチャレンジしてみてください。

(掲載年度:2016年度)

▲ 札幌ブライダル&ホテル観光専門学校の先輩・先生情報トップへ

札幌ブライダル&ホテル観光専門学校に興味を持ったらパンフレットをもらおう
札幌ブライダル&ホテル観光専門学校のパンフをもらう