横浜医療専門学校の先輩・先生の声

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

school

神奈川県 私立専門学校

横浜医療専門学校

パンフレットをもらう

横浜医療専門学校 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
045-440-1750(広報)  
E-mail
info@yokohama-isen.ac.jp  
URL
http://www.yokohama-isen.ac.jp/  

先輩の声

患者様の役に立てる仕事の素晴らしさを実感し、医療人としてさらに成長していきたいと思います。

大橋 智惠 さん / 柔道整復師科 / 叶ツ藍 さくら鍼灸整骨院八広院

 女性でも手に職をつけられる国家資格を取りたいと思ったのがこの道を選ぶきっかけです。また人のお役に立てることができ、女性が少ない職業と考えたときに柔道整復師は理想的な仕事でした。
 横浜医療専門学校は母に勧められて入学しましたが、振り返ると、先生方はとてもフレンドリーで優しく、分からないことがあれば分かるまで徹底的に教えてくれた指導が印象に残っています。国家試験対策も万全だったので、安心して試験に臨むことができました。
 卒業後に就職した現在の勤務先では4年目を迎えています。医療人としてはまだまだ未熟ですが、患者さんに「ありがとう」「ここに来ると元気になれる」と言っていただけたときや、とても痛みがあって辛そうに来院された方が「楽になった!」と笑顔で帰られるのを見たときなどにやりがいを感じています。卒業して間もない頃から、学校で学んだ包帯固定や固定具の作成、エコーなど現場でもすぐに役立てることが嬉しかったことを覚えています。
 また会社はグループ院になっているため、応援に行った月や定期的な研修会などで集まるときに、ほかの先生方との交流、情報交換から学ぶことも多く刺激を受けられる環境に恵まれています。
 社会に出て、改めて思うのは鍼灸、柔整の素晴らしさです。微力でも患者様のお役に立つことができたり、笑顔にできることを実感できるのは、この職業の特権です。私自身、これからもっと研鑽を積み、鍼灸師や按摩マッサージ指圧師の資格を取得したいと考えています。そして整骨院だけではなく、将来的に介護関係の施設や整形外科などでの勤務も視野に、キャリアを重ね、医療人として成長していきたいと思っています。

(掲載年度:2016年度)

ダブル資格で幅広い治療を行いたい。

荻堂 秀幸 さん / 鍼灸師科 夜間部

 中学のときスポーツでケガをしましたが、近所の鍼灸院の先生がとても親切に治療をしてくれ、その先生に憧れたことがこの道を目指すきっかけでした。高校を卒業して柔道整復師の資格を取得し、日中は地元の治療院に勤務し、本校の鍼灸師科の夜間部に通っています。
 勤務先は高校のときからアルバイトでお世話になっていましたが、院長が柔整と鍼灸の資格をもっていて、両方に対応していることはもちろん、組み合わせた治療も行っていました。目の前で治療方法を見たり、院長から両方を使うことの効果を聞くうちに「自分も両方の資格を取っておきたいな」と思ったのが、夜間部に入学したきっかけです。また、基礎を学びつつ臨床で活かせる実技も学ぶことができ、有意義です。やはり現場で活かせる技術を身につけてこそですから、基礎実技が多い本科を選んで良かったと思います。そして先生方のレベルが高く、治療院で仕事をしている身としても役立つことがたくさんあります。
 夜間部に通っている学生は、目標意識が高くて、刺激になります。仕事をもって通っている人が多いのでお互いに励まし合って、大変ではありますがすごく充実もしています。

(掲載年度:2016年度)

▲ 横浜医療専門学校の先輩・先生情報トップへ

先生からのメッセージ

医療人としての学びは容易ではありませんが3年後、あなたに素晴らしい未来が拓けています。

赤池 誠司 先生 / 柔道整復師科

 本校では鍼灸師、柔道整復師の国家資格を取得し、社会に貢献できる人材を育成しています。医療人として必要な知識、技術を修得するカリキュラムに加え、ゼミナールや研修など様々な体験型のプログラムが特長です。医療の分野に進むことは決して甘い世界ではなく、本校の学びは密度の濃い内容で、日々の勉強は容易なものではないでしょう。しかし、人の役に立ちたい、という気持ちで3年間励むことで、卒業後は、この道を選んで良かった、と思えるだけの「有形無形の財産」を得ているはずです。あなたの医療への志を、情熱にあふれた私たち教職員がサポートしていきます。共に、学びましょう。

(掲載年度:2016年度)

▲ 横浜医療専門学校の先輩・先生情報トップへ

横浜医療専門学校に興味を持ったらパンフレットをもらおう
横浜医療専門学校のパンフをもらう