長野救命医療専門学校の先輩・先生の声

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

school

長野県 私立専門学校

長野救命医療専門学校

パンフレットをもらう

長野救命医療専門学校 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
0268-64-6699(事務局)  
E-mail
info@nagano-kyumeiiryou.ac.jp  
URL
http://www.nagano-kyumeiiryou.ac.jp  

先生からのメッセージ

やる気のある君を心からお待ちしています

瀧野 昌也 先生

先生

 救急救命士は平成3年にできた新しい職業です。重い急病や大けがの人が出たとき、現場から病院到着までの間、患者さんの命を守る救急医療を担当します。つまり命の危機に陥った患者さんに最初に接触するプロが救急救命士です。このため高度の知識と判断力、正確な技術、冷静沈着さ、患者さんを思いやれる人間性が必要とされます。消防署に勤務する救急救命士は全国で約2万1千人いますが、まだ多くの地域で救急救命士が求められています。

 本校の自慢のひとつは、現場経験の豊富な専任教員による懇切丁寧な授業です。救急救命士に必要な資質は親身の指導で磨かれると考えるからです。わかるまで繰り返す講義、全員が体を動かし全員で考える実技訓練、豊富な校外実習と、プロを育てるのに絶好の環境が整っています。救急救命士学科の教員と先輩の学生たちは、やる気のある君と一緒に学ぶ日を心から待っています。

(掲載年度:2013年度)

私たちと共に、未来を担う柔道整復師を目指してみませんか

永井 香奈美 先生

先生

 今、本校で提案している「柔道整復師像」は、スポーツ、医療(接骨院、整形外科など)、社会福祉など幅広い分野での活躍が期待され、さらに「健康づくり教育」にも寄与する柔道整復師です。
 本校のあるここ長野県東御市は、幼児教育の時期から高齢者にいたるまでの「健康づくり教育」が盛んに行われている地域です。そこで本校でも、単に医療人としての知識や技術を学ぶだけでなく、地域で行われている「健康づくり教育」の活動に積極的に参加し、地域と密接な関係を作っています。
 現在の高齢社会において必要とされる人材は「治療」だけでなく「予防」もできる柔道整復師です。そのような人材を育成するために、医療や福祉の現場における様々な実習やボランティア活動を通して、病気やケガの予防、治療、高齢者福祉活動という広い視野をもった「柔道整復師」を養成するカリキュラム環境も整っています。
 柔道整復師はこれからまだまだ発展していく職業です。あなたも、私たちと共に、未来を担う柔道整復師を目指してみませんか。

(掲載年度:2015年度)

▲ 長野救命医療専門学校の先輩・先生情報トップへ

長野救命医療専門学校に興味を持ったらパンフレットをもらおう
長野救命医療専門学校のパンフをもらう