札幌スポーツ&メディカル専門学校の先輩・先生の声

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

school

北海道 私立専門学校

札幌スポーツ&メディカル専門学校

(厚生労働大臣指定校)

パンフレットをもらう

札幌スポーツ&メディカル専門学校 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
0120-35-1554  
E-mail
info-sapporo-sports@sanko.ac.jp  
URL
http://www.sanko.ac.jp/sapporo-sports/  

先輩の声

一人ひとりと向き合った指導を心がけています。

阿部 沙也加 さん / リーフラス株式会社 勤務

先輩

●仕事内容
さまざまな地域で子ども向けのスポーツスクールを運営している会社に所属し、5つの地域・スクールを担当しています。スクールにはいくつかの形態があり、私は主に野球スクールで指導しています。年齢的には幼稚園の年中から小学校6年生までの子どもたちがいます。その他、多種目スポーツのスクールもあり、そちらでは野球、サッカー、バスケットボールを指導しています。
仕事のメインはスポーツの指導ですが、自分が担当しているスクールについては、運営や営業活動などすべて行っています。集客のために、地域の小学校の校門近くでチラシを配布したり、イベントの企画や実施をしたり、クラブで使用するジャンパーなど物販の手配も私の仕事です。

●仕事のやりがい
スポーツを通して子どもたちの成長をサポートできること。
実際に子どもたちと触れ合う時間が一番楽しい時間であり、やりがいを感じる瞬間です。特に野球は難しいスポーツで、技術やフォームなど教える内容が細かく、しかもたくさんあります。ですから、技術的な部分で子どもたちを成長させるには、かなり時間がかかると思っています。まずは自分が見本を見せることで、子どもたちが「すごい!」と関心を持ってくれるとうれしいですね。
その一方で、子どもたちの精神面での成長には著しいものがあります。特に、おとなしかった子が元気にあいさつできるようになったり、話を聞く集中力が出てきたりと、日々変化する様子に驚いています。親御様からも「最近しっかりしてきた」などとよろこびの声をいただくことがあり、やりがいを実感しています。

●学校で学んだことで役立っていること
座学で学んだことが、指導する上でのベースになっています。
子どもたちを指導するには、「先生ってすごい!」と思わせることが大切です。スポーツの技術はもちろん、子どもが納得できる説明ができないとだめなのです。その点リゾスポでは、栄養学やスポーツ医学を始め、さまざまな知識と理論が学べたので、私にとっては大きな自信になりました。トレーニングは何時に行うといいのか、この運動の後には何をしたら効果的か、そういうことがきちんと説明できます。
授業では幼稚園での実習もあり、実際に子どもと接する機会を持てたことも大きいですね。

(掲載年度:2016年度)

幅広い年齢層のお客様に、健康と笑顔を提供できるインストラクターになりたいです。

山崎 唯 さん / KGセントラルフィットネスクラブ山鼻 勤務

先輩

●仕事の内容・やりがい
スポーツクラブにスタッフとして勤務しており、マシンジムでお客様に指導をしたり、エアロビクスなどのスタジオプログラムの指導や、スイミングやマット運動などを教える子どもスクールでの指導を行っています。たくさんのやりがいがありますが、マシンジムで指導しているときは、「すごくわかりやすい」「このあいだ教えてもらったトレーニングがとても役に立った」など声をかけていただけるとうれしいですね。また、インストラクターとしてのスキルアップも心がけており、一人ひとり、体のゆがみや日常のクセが違うので、ケースに応じてどうやってアプローチしていくのか、勉強する気持ちを忘れずにいたいです。

●学校で学んだことで役立っていること
運動生理学や機能解剖学など、在学中は難しくて目をそむけたくなるような内容でしたが、実際には現場で役に立つ知識で、とても大切な授業でした。人の身体やトレーニングに関することなど、お客様に指導をするうえで、すべて役に立っています。それだけでなく、ビジネスマナーや電話応対、言葉づかいなどをしっかり身につけられたことが大きいですね。やはりインストラクターとしてお客様に接するときにコミュニケーションは大切だと思います。

●将来の夢・目標
とにかくたくさんの知識を身につけて、経験を積んで、お客様に信頼していただけるインストラクターになりたいです。とくに一対一での指導に興味があり、パーソナルトレーナーの資格も取得しました。今は週に数回の講習会に参加して、勉強を続けています。健康と笑顔を提供できるインストラクターになりたいです。

●後輩へのアドバイス
ひと言で勉強といっても、学ぶことは本当にたくさんあると思います。入学するときは、「なんとなくスポーツが好きだから」でもいいと思いますが、入学した後は、いろんな学びの中から自分に興味のあることを探して、伸ばしていってほしいなと思います。そうすれば、必ず自分にぴったりの仕事に出会えるはずです。まだ具体的な目標がなくてもいいんです。「運動が好き」「身体を動かすことが好き」なら、スポメディに入学すれば必ず新しい道や興味のあることが見つかるはず!
インストラクターの仕事は、すぐにビジネスマナーが求められます。社会人になったら、できてあたりまえなので、最低限のマナーや敬語などは学生のうちにしっかり勉強しておきましょう。

(掲載年度:2016年度)

▲ 札幌スポーツ&メディカル専門学校の先輩・先生情報トップへ

札幌スポーツ&メディカル専門学校に興味を持ったらパンフレットをもらおう
札幌スポーツ&メディカル専門学校のパンフをもらう