辻学園調理・製菓専門学校の先輩・先生の声

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

school

大阪府 私立専門学校

辻学園調理・製菓専門学校

パンフレットをもらう

辻学園調理・製菓専門学校 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
0120-86-1593  
E-mail
info-osaka-chori@sanko.ac.jp  
URL
http://www.sanko.ac.jp/osaka-chori/  

先輩の声

出会えて良かったと思える先生方に出会えた。

佐野 友香 さん / 上級調理師科 / 太閤園株式会社 勤務

先輩

私がこの学校を選んだのは、先生方が信頼できると確信できたから。実際、ここで出会った先生には何でも話せるし、今でもいろんなことを教えていただいています。ずっと繋がっていられる先生に出会えて本当に幸せ。現在はウエディング中心のレストランで、コース料理のメインである肉・魚料理全般と、前菜・デザートの仕込みを任されています。まだまだ力不足なので、まわりに認めてもらえるような料理人になるのが目標です。

●仕事内容/仕事のやりがい
たくさんのお客様に私のお料理を楽しんでいただけること。
私の勤務先は、ウエディングを中心にやっているレストラン。ここで私はコース料理の中のメインの肉・魚料理全般を任せてもらっている他、前菜とデザートの仕込みも行なっています。仕事のやりがいを感じるのは、一度来店いただいたお客様がリピーターとしてまた来てくださった時。いろんなお客様と親しくなれることがうれしいし、仕事のやりがいにもなっています。

●仕事での嬉しいエピソード
私の笑顔で元気になれると言われたこと。
卒業後、フランス料理のレストランに就職したんです。でもそこはシェフと私の二人で、料理やサービスを提供していたので、とにかく忙しかった。でも、どんな時も笑顔でがんばっていたので、私の笑顔を見ると元気になれると言っていただけた時は、うれしかったですね。お料理を召し上がっているお客様の笑顔で、私もがんばれたので。

●学生時代にお世話になった先生と、その先生との思い出エピソード
出会えて良かったと思える先生方に出会えたこと。
とにかくどの先生も大好きでしたし、いろんな先生にお世話になりました。ここで出会った先生には何でも話せるし、今でも時々一緒にご飯に行ったりしていろんなことを教えていただいています。ずっと繋がっていられる先生に出会えて、本当に幸せです。一番思い出に残っている先生と言えば、やっぱり川瀬先生かな。中国料理の実技試験の練習をしている時、なかなかフーロンがきれいに返せなくて。半泣きの私の側で川瀬先生はずっと教えてくれました。練習の成果をクラス全員の前でやることになった時、成功できた時のうれしさは今でも覚えています。

(掲載年度:2016年度)

この先生に学びたい、と思える出会い。

前田 絢未 さん / 製菓パティシエ科 / 和歌山ロイヤルパインズホテル 勤務

先輩

実は私、何度もオープンキャンパスに行ったんです。初めてオープンキャンパスに行ったとき、小笠原先生が対応してくださったのですが、2週間後のオープンキャンパスにも来る予定ですと伝えたところ、2週間後にも同じデザートを作る予定だったのを、同じではつまらないだろうと、当日、わざわざ違うデザートに変えてくださったんです。それがとってもうれしくて。そんな細やかな心遣いをしてくださる小笠原先生にぜひ教わりたいと思い、ここに入学しようと思いました。

●仕事内容/仕事のやりがい
ホテルのパティシエとして、仕事と練習の毎日。
ホテルに就職して、製菓を担当しています。私を含め、4人のスタッフで、ショップのケーキや、宴会のデザート、婚礼のウェディングケーキなどを作っています。どの仕事を担当するかは、その日の作業内容よってその都度決まる感じですが、主に私は仕込みや焼く仕事をすることが多いですね。幅広いいろんな仕事ができるので楽しいです。仕事が終わった後に厨房を使っての練習が許されているので、そこで自分のアイデアのケーキを作ったりすることもあります。それでシェフのOKが出れば、月代わりのケーキなど商品として店頭に並べてもらえることもあります。これまでも、コーヒーのラム酒とミルクチョコを使ったケーキを考えて、商品化していただきました。そんな風に創造や発表の場があるって、やりがいにもなりますね。

●仕事での嬉しいエピソード
お客様に食べていただくことが何よりの喜び。
この道を選んでよかったと思っています。職場の人間にも恵まれましたし楽しく仕事できています。お客様と接することはありませんが、作ったものをお客様に食べてもらえることが何よりの喜びですね。仕事の中でも、バースデーケーキなどにのせるメッセージプレートに書くのがいちばん好きなんです。女の子にはかわいく、男の子にはかっこよく。そういう細かい仕事が好きなんですよ。また、結婚した友人のために、二次会などでケーキを作ってあげると、すごく喜んでもらえるし、大事な友達のために自分でケーキを作ってあげられることが嬉しいですね。

●同じ業界をめざす後輩へのアドバイス
向上心があれば、楽しく仕事ができると思います。

(掲載年度:2016年度)

たくさんの人に料理のすばらしさを広めていきたい。

野口 詢平 さん / 調理師科 / 株式会社帝国ホテル大阪 勤務

先輩

●仕事内容/仕事のやりがい
段取りよく仕事をすすめられた時、仕事の手応えを感じます。
私は宴会調理のコルド料理(前菜など)や盛りつけなどを主にやっています。料理は前日に使う食材を準備したり、味付けを行ない、皿に取り分け、盛り込みやすいように準備。料理を提供するのは、企業の宴会や婚礼など。通常は30〜80人程度の宴会などですが、最大で150名様の婚礼をやった時は、さすがに大変でしたね。仕事のやりがいを感じるのは、段取りよく仕事を進められたり、先輩に褒められた時です。

●仕事での嬉しいエピソード
「野口のスタンバイは盛りやすい」とシェフに言われたこと。
お客様の前に出る時は、常に笑顔かつ素早い行動を意識しています。料理のスタンバイをする時、シェフと段取りを決めながらスタンバイするんですが、その時自分が順番を考え、それを提案するので、「野口のスタンバイは盛り込みやすい」とシェフに言われるとうれしいです。

●専門学校での経験で、一番役に立っていること
レストラン実習では、実践的なことがいろいろ学べました。
学生時代に学んだことはいろいろ役に立っています。特に、西洋料理で学んだこと。例えば、フランス語。今、現場でもフレンチが主体なので、メニューなどに記されているフランス語を理解できます。また、レストラン実習でも学ぶことは多かったですね。3階の実習室に一般のお客様を招いて、自分たちの料理を提供する実習では、料理は一人ではできないので、みんなと協力し、声をかけあいながら作ることを実感。協調性も身につけられたし、お料理を出すタイミングの勉強もでき、とても良い経験ができました。

●学生時代にお世話になった先生と、その先生との思い出エピソード
料理番組に出演できたこと。
お世話になったのは、為後彰宏先生と田村先生です。NHKの番組に僕を推薦してくれたり、たまに学校へ行ったときもとてもよくしてくださるんですよね。NHKの番組はワンコーナーをうちの学校が持っていて、それは主演者に料理を提供するというものだったんですが、実は将来料理番組をやりたいと先生に言っていたので、先生が推薦してくれたんです。料理は前日に作るんですが、放送は生放送。いろいろインタビューを受けたり、プロデューサーとの打合せなどを経験でき、一層夢を実現させたいと思いました。

(掲載年度:2016年度)

▲ 辻学園調理・製菓専門学校の先輩・先生情報トップへ

辻学園調理・製菓専門学校に興味を持ったらパンフレットをもらおう
辻学園調理・製菓専門学校のパンフをもらう