大阪工業技術専門学校 フレックス建築学科(夜間・単位制(2年【最長4年】))の情報

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

school

大阪府 私立専門学校

大阪工業技術専門学校

パンフレットをもらう

大阪工業技術専門学校 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
0120-0910-19  
E-mail
info@oct.ac.jp  
URL
http://www.oct.ac.jp  

フレックス建築学科の紹介

学部・学科・コース情報
  • 夜間・単位制(2年【最長4年】)
  • 昼夜通信:
  • 募集定員:40名

フレックス建築学科(夜間・単位制)

「建築を学びたい!」という気持ちさえあれば、
今からでも遅くはないのです。

▼単位制とは
一定の単位取得を卒業条件とする制度で、学ぶペースも学生自身に任せられています。また、学費も年度ごとではなく、半期ごとの履修科目数によって決まるため、学費(予算)と学びの時間に合わせて、卒業までの履修計画(2年〜4年間)が立てられます。

〜学科の3つのポイント〜

@.ライフスタイル合わせて学ぶ
ライフスタイルに合わせて、開講科目の中から半期ごとに受講科目を選択。オリジナルの時間割を組むことができます。将来の進路や資格取得を視野に入れ、「働きながら」「大学に通いながら」など、それぞれのキャリヤや目的に合わせて授業を選ぶことが可能です。
※半期間の履修登録数には上限があります。また、開講科目は半期ごとに異なります。
※単位制のため留年はありません。

A.建築士受験資格を取得
本学科では、建築士受験資格の要件に関わる専門科目や実務に即した実技科目(合計54単位)を取得すると、卒業後に二級建築士資格の受験が可能です。また、これまでの経歴と、OCTで学んだ専門的な知識や技術も生かせる、業界への就職をバックアップしていきます。

B.建築系科目の取得済み単位を活用
すでに大学・短大や専修学校で建築系科目の単位を取得している場合、取得済みの単位を本校の単位として認定します。そのため、残りの単位数を取得するだけで卒業が可能に。各種学校を中退していても、これまでの学びを生かし、学習の再スタートができる学科です。
※単位認定をするにあたりましては、本校の基準のもと審査を行い認められたものに限ります。

めざせる資格・検定

一級建築士 二級建築士
木造建築士 測量士
測量士補 建築施工管理技士
建築CAD検定 造園施工管理技士
インテリアプランナー 福祉住環境コーディネーター
インテリア設計士  

大阪工業技術専門学校 フレックス建築学科のトップへ

注目のカリキュラム

授業支援システムで予習復習

注目のカリキュラム
スマートフォンやタブレット、PCなどから、本校専用の授業支援Webサイトにアクセスすることで、時間や場所を問わず専門科目の学習ができます。毎回の講義内容のファイル・資料の観覧、授業動画の視聴、演習問題・回答プリントのダウンロードなどさまざまなサービスにより、みなさんの学びを支援します。

大阪工業技術専門学校 フレックス建築学科のトップへ

学費

入学金 100,000円
学費について 初年度 納入金 
240000円+受講料(1単位11,500円)

<初年度必要経費>
教材書代・教材費 約70,000円(平成29年3月初旬購入予定) 

大阪工業技術専門学校 フレックス建築学科のトップへ

大阪工業技術専門学校に興味を持ったらパンフレットをもらおう
大阪工業技術専門学校のパンフをもらう