大阪医療秘書福祉専門学校の先輩・先生の声

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

school

大阪府 私立専門学校

大阪医療秘書福祉専門学校

パンフレットをもらう

大阪医療秘書福祉専門学校 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
0120-8739-93  
E-mail
info-osaka-med@sanko.ac.jp  
URL
http://www.sanko.ac.jp/osaka-med/  

先輩の声

患者様としっかり信頼関係が築けるようになりたい。

米田 襟奈 さん / 医療法人寺嶋・塚田こどもクリニック 勤務

先輩

●仕事内容/仕事のやりがい
現在の仕事は、受付です。患者様の応対や電話応対の他、先生が診察後の処置内容などを記入したカルテの入力。会計や処方箋、領収書などの作成なども任されています。仕事で心がけているのは、ハキハキとしたしゃべり方と笑顔で接すること。やりがいを感じるのは、患者様と接している時。「ありがとう」のひと言や患者様の笑顔に、この仕事のやりがいを感じています。

●仕事での嬉しいエピソード
辛そうにされている患者様が会計後にお帰りになる時、「ありがとう」とか「お世話になりました」とご丁寧に声をかけてくださるんです。その時が一番うれしいです。

●専門学校での経験で、今一番役に立っていること
早起きの習慣がついたことです(笑)。高校の頃は学校が近かったんですが、地元(京都)からこの学校に通うのは結構大変で。でも、毎月、クラス毎の出席率を示すグラフを作っていたので、みんなでがんばろうと決め、私もがんばりました。全員皆勤の目標は達成できませんでしたが、私自信は皆勤賞を取れました。また、サービスの授業を通して、言葉遣いやビジネスマナーが学べたことは、今の患者様対応に大いに役立っていると思います。

●学生時代にお世話になった先生と、その先生との思い出エピソード
担任の先生だった佐々木先生にはいろいろお世話になりました。PCの先生でもあった佐々木先生は褒め上手で、私は褒められると調子に乗り、怒られの繰り返しでしたが、とても楽しかったです。就職活動の時もいろいろ心配してくれて。履歴書を書く際、たくさんアドバイスをいただきました。おかげで、無事就職できました。

●同じ業界をめざす後輩へのアドバイス
小さな目標でも大きな目標でも何でもいいので、目標を作ってください。そして、自分の思い描く医療従事者に近づくためにもがんばってください。それから、最後の学生生活だから、勉強も大事だけど、しっかり遊んで思い出もたくさん作ってくださいね。

(掲載年度:2016年度)

実習でのがんばりが認められて、就職。

村山 夢 さん / 医療秘書コース

先輩

●入学動機
専門学校への進学をあまり真剣に考えていなかったのですが、オープンキャンパスに参加した時の印象が明るくて、いい雰囲気だったのでここでいいかなと思いました。その後、先生から連絡をいただき、「何も決まっていないなら、とりあえずうちに来てみたら」と誘われたので、入学することに。

●仕事内容
医事課に所属し、医療事務の仕事に携わっています。仕事は日によって変わりますが、具体的には、患者様の受付と会計、診療点数の計算などの仕事を行なっています。

●仕事での嬉しいエピソード
明るいキャラで楽しく仕事をしています。もともと性格が明るいので、誰にでも気軽に声をかけていただけるんですよね。職場でも上司の方に可愛がっていただいていて、楽しく仕事ができています。

●専門学校での経験で、今一番役に立っていること
役に立っているのは、ビジネスマナーで学んだことですね。やはり患者様対応の際に、ケースバイケースの接し方や正しい敬語の使い方をしっかり学んでいてよかったなと思います。勉強していなかったら、今、場面場面で適切な敬語を使えていないと思うので。

●同じ業界をめざす後輩へのアドバイス
勉強も学校生活も頑張ってください。そして、就職先は、真剣に選んでくださいね。

(掲載年度:2017年度)

▲ 大阪医療秘書福祉専門学校の先輩・先生情報トップへ

大阪医療秘書福祉専門学校に興味を持ったらパンフレットをもらおう
大阪医療秘書福祉専門学校のパンフをもらう