専門学校 日本聴能言語福祉学院 聴能言語学科の情報

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

school

愛知県 私立専門学校

専門学校 日本聴能言語福祉学院

パンフレットをもらう

専門学校 日本聴能言語福祉学院 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
0120-112-436(事務)  
E-mail
ncg-office@kzan.jp  
URL
http://ncg.kzan.jp/  

聴能言語学科の紹介

学部・学科・コース情報
  • 昼夜通信:
  • 別学・共学:共学
  • 募集定員:30
  • 年限:2年

【聴能言語学科】日本でも早く設置された大卒2年課程 言語聴覚士教育をリードしてきた実績

◆独自の国家試験対策による、高い国家試験合格率
独自の国家試験対策を展開し、過去5年(平成22〜26年度)合格率平均は98.4%と全国屈指の高い国家試験合格率を誇っています。

◆就職率100%
全国の病院・施設から高い評価を得ている本学院には全国から多数の求人が寄せられ、安心して就職活動を行えます。過去30年以上に渡って多数の言語聴覚士を全国に輩出してきた本学院の教育水準の高さは、その卒業生たちの活躍が証明しています。養成の歴史と伝統、そして実績において、全国的にも名高い養成校といえます。

◆卒業生とのつながりで、卒後も安心
卒業生はすでに30期以上を数え、全国の病院をはじめ、研究施設、言語聴覚士養成大学・専門学校の教員としても活躍しています。どこに就職してもその施設や近くに先輩がいることは確実で、安心して経験を積むことができます。

◆自ら「考える」ことに重点を置いたカリキュラム
知識や技術の習得はもちろん、自ら考えることに重点を置き、グループでのディスカッションや演習に力を入れています。内部教員からの的確なアドバイスを受けながら、お互いに切磋琢磨し、学びあっていくことができるので、将来の大きな力にもなり、生涯にわたり学んでいく基盤を作っていきます。

◆豊富な実習先、安心の実習
実習先は、全国各地に多数確保しています。卒業生のいる病院や施設も多く、充分な指導のもと実践力を養っています。また学内実習も「若宮ことばの支援室」との連携により充実しています。

◆少人数で効果的な教育
40人定員の養成校が多い中、本学院では、30人定員としています。そのため、学生一人ひとりに教員の目が行き届き、きめ細かい指導が可能です。また、少人数ですので、講義や演習にも集中できます。

卒業後の進路

国家資格を取得しても就職がない、という職種もある中、言語聴覚士へのニーズは年々高まっており、求人件数はとても多いです。特に本学院では、30年以上にわたり輩出している全国各地の多くの卒業生との幅広いネットワーク、さらに国家試験合格率の高さなどの実績から、是非とも本学院の学生を紹介してほしいとの声も多いです。このように、多くの求人先から高い信頼を得ており、必ずや言語聴覚士として働く夢は叶います!

◆主な就職先/内定先
鵜飼リハビリテーション病院・岡崎市民病院・偕行会リハビリテーション病院・春日井市民病院・上飯田リハビリテーション病院・刈谷豊田総合病院・国立病院機構 名古屋医療センター・国立病院機構 東名古屋病院・小牧市民病院・白山リハビリテーション病院・豊川市民病院・豊田市こども発達センター・豊橋市言語訓練室・豊橋市民病院・名古屋市児童福祉センター・名古屋市総合リハビリテーションセンター・名古屋市立大学病院・名古屋第一赤十字病院・名古屋第二赤十字病院・名古屋大学医学部附属病院・朝日大学歯学部附属村上記念病院・揖斐厚生病院・大垣市民病院・岐阜県総合医療センター・岐阜県立希望が丘学園・岐阜県立多治見病院・久美愛厚生病院・高山赤十字病院・土岐市立総合病院・中津川市民病院・羽島市民病院・松波総合病院・伊勢赤十字病院・桑名市療育センター・鈴鹿市療育センター・鈴鹿中央総合病院・松阪中央総合病院・三重県立草の実リハビリテーションセンター・伊豆医療福祉センター・掛川市立総合病院・静岡県立こども病院・静岡県立総合病院・静岡済生会総合病院・総合病院 聖隷浜松病院・浜松市社会福祉事業団・袋井市民病院・藤枝市教育委員会・藤枝市立病院ほか

めざせる資格・検定

言語聴覚士  

専門学校 日本聴能言語福祉学院 聴能言語学科のトップへ

注目のカリキュラム

言語聴覚障害診断学・言語聴覚障害臨床演習

注目のカリキュラム
実際の患者様のデータを基に学生同士で意見を出し合い、評価報告書の作成や訓練計画の立案をしています。毎回教員の指導を受け理解を深めます。臨床に最も近い講義だから法律で定められた何倍もの時間をかけ丁寧にすすめます。

専門学校 日本聴能言語福祉学院 聴能言語学科のトップへ

学費

2017年度予定

入学金 300,000円
卒業までの総学費 2,180,000円
学費について ※教科書・教材費、諸費用は別途必要になります。
※人物・学業ともに優れた学生を経済的にバックアップするため、各種奨学金を斡旋しています。
◆専門実践教育訓練給付金制度
◆教育訓練支援給付金制度
◆日本学生支援機構
◆各種育英団体による奨学金
 ・財団法人 交通遺児育英会
 ・あしなが育英会
 ・母子寡婦福祉資金(愛知県)
 ・岡崎市奨学資金(愛知県岡崎市)
◆国の教育ローン

※「卒業までの総学費」とは、入学金、授業料、施設費など、入学してから卒業するために必要なすべての経費をいいます。

専門学校 日本聴能言語福祉学院 聴能言語学科のトップへ

専門学校 日本聴能言語福祉学院に興味を持ったらパンフレットをもらおう
専門学校 日本聴能言語福祉学院のパンフをもらう